FAQ

ハードウェア

カメラリンクカメラで使用できるフレームグラバーボードを紹介してください。

弊社カメラリンクカメラの接続をご協力いただいているフレームグラバーボードの 代理店・メーカーの一覧です。(敬称略、順序不同)

ボード名 ・ ブランド名 代理店 ・ メーカー
ユレシス / Euresusy 株式会社シムコ / SYMCO
アバールデーター / AVALDATA 株式会社アバールデータ / Aval Data
シリコンソフトウェア / SILICON SOFTWARE
ダルサ / Dalsa 株式会社エーディーエステック / ADSTEC
マトロックス / Matrox キヤノンITソリューションズ株式会社 / Canon IT Solutions Inc.
グラフィン / GRAFIN 株式会社グラフィン / GRAPHIN CO.,LTD
ファースト / FAST 株式会社ファースト / FAST

こちらに掲載していないメーカーのフレームグラバーでも利用できる場合がありますのでお問い合せください。

 

このFAQを別のページで表示する

STC-CMB4MCL シリーズのHDR(ハイダイナミックレンジ) 機能の使い方を教えてください。

HDR機能はハイダイナミックレンジの略称で、ダイナミックレンジの拡大機能になります。WDR(ワイドダイナミックレンジ)とも言いますが同じ意味です。
弊社の高速高画素CMOSカメラ STC-CMB4MCLシリーズにはHDR機能が搭載されております。

詳しくは下記のPDFをご確認ください。

HDR説明書_Ver.4.0

 

このFAQを別のページで表示する

トリガーモード時に映像に横線ノイズが入ります。

・現象
トリガーモード時に映像に水平ノイズが入ってしまう。

H-Reset_Horizontal_Noise

・原因
イメージセンサーから映像が出力されている期間にトリガーが入力され次の露光が開始されると、映像にノイズが乗ってしまう現象です。

・対策
カメラのトリガ露光開始モード[12H4-3]で[2]水平同期トリガモードを選択します。 水平同期トリガモードにすると、入力されたトリガー信号のタイミングを自動的に水平ブランキング期間にずらし、ノイズの映像への混入を防ぎます。 水平同期トリガモードにする方法は、カメラリンクカメラ通信ソフトのCLCtrlもしくはCLCtrl2から、トリガ露光開始モード[12H4-3]で[2]水平同期トリガモードを選択します。

・注意事項
水平同期トリガモードではトリガーと露光開始タイミングに最大1H分のバラつきが発生いたします。
機種によっては「水平同期トリガモード」を「H-RESETトリガモード」と表記してる機種がありますが同じ機能です。

 

このFAQを別のページで表示する

STC-CMB4MCL、STC-CMB2MCL のパーシャルスキャンとフレームレートとの関係を教えてください。

ライン数を入力するとフレームレートが求められるエクセルシートを下記のリンクからダウンロードしてご利用下さい。

STC-CMB_CMC2MCL_CMB_CMC4MCL_FPS_20130902.xls

 

このFAQを別のページで表示する

Euresys MultiCam Studio で10TAPのファイルを読み込むと “cannot put source ACTIVE” のエラーが発生する。
更新日:
タグ: , , , ,

MultiCam Studio で10TAPのファイルを読み込むと下記のエラーが発生する。

MultiCam_Studio_Invalid_Error

Error: cannot put source ACTIVE.
Cannot set param “ChannelState” to value “3”: Invalid hardware configuration

 

Topology_MONO_DECA

200万画素/400万画素 高速CMOSカメラなどで、10TAPのカメラファイルを使用するときには赤枠の “Topology” の設定を “MONO_DECA” にして下さい。

 

プログラムを作成している場合はDECAの設定を記述する必要があります。

  • Visual C++ 6.0 のDECA設定記述は下記になります。

McSetParamInt(MC_BOARD + 0, MC_BoardTopology, MC_BoardTopology_MONO_DECA);

  • Visual C#のDECA設定記述は下記になります。

MC.SetParam(MC.BOARD + 0, “BoardTopology”, “MONO_DECA”);

 

このFAQを別のページで表示する

トリガーモードの場合、フリーランモードよりもフレームレートが下がってしまう。

フレームグラバーボードからカメラへのCC1信号によるトリガーモード時のフレームレートがフリーランモードのときよりも大きく下がってしまう場合、フレームグラバーボードの設定が画像取り込み中には次のトリガーを発行できない設定になっている可能性があります。

Euresys社 Grablinkシリーズの場合の例を下記に記します。

カメラファイルをメモ帳などで開き、下記の記述を確認して下さい。

; -Camera Features category-
ExposeOverlap = ALLOW; <== FORBID ALLOW

”FORBID”と記述するとボードが前の映像を読み込んでいる間は、カメラへ次の映像のトリガーを出力できません。
”ALLOW ”と記述するとボードが前の映像を読み込んでいる間も、カメラへ次の映像のトリガーを出力できます。

従って、フリーランモードに近い速度で高速に映像を取り込みたい場合には、ALLOWが有効です。但し、露光時間は1フレーム期間よりも短い必要があります。また、次の映像フレームの露光が極端に短く、前の映像フレームが転送し終わる前に、次の映像フレームの転送が始まってしまうと、映像が重なってしまいエラー画像となりますので露光時間には気をつけて下さい。

トリガーモード時の最大フレームレートはフリーランモード時よりも若干遅くなります。機種やモードにより異なりますが、トリガーモード時の1フレーム期間はフリーランモード時よりも約2水平ライン分長くなります。

 

このFAQを別のページで表示する

マイクロ・テクニカ製のフレームグラバーボードとCLCtrlソフトで通信エラーが発生します。
更新日:
タグ: , ,

マイクロ・テクニカ製のフレームグラバーボードとセンテックのカメラ通信ソフト CLCtrl で通信エラーが発生することが確認されています。

お手数ですが、詳しくは営業までお問い合せくださいませ。

 

このFAQを別のページで表示する

500万画素カメラリンクカメラが PoCL / 外部電源 両対応になりました。

500万画素カメラリンクカメラシリーズがPoCL(Power Over Camera Link)と外部電源(6ピンコネクタから)の両対応になりました。電源がPoCL供給か外部電源供給かはカメラが自動で判別します。但し、接続はPoCLか外部電源かどちらか一方のみとし、両方は接続しないで下さい。

これに伴い、従来のモデルは外部電源モデルとPoCLモデルは別モデルでしたが、次のように新型番として一つのモデルになります。

【旧型番】(PoCL / 外部電源 別モデル)

  • 外部電源モデル・・・STC-CL500A(モノクロ)、STC-CLC500A(カラー)
  • PoCLモデル・・・STC-PoCL500A(モノクロ)、 STC-PoCLC500A(カラー)

↓↓

【新型番】(PoCL / 外部電源 両対応)

  • STC-PCL501A(モノクロ)
  • STC-PCLC501A(カラー)

新型番と旧型番の違いは、このPoCL/外部電源の両対応化以外に変更点はありません。

 

このFAQを別のページで表示する

カメラの選び方
  • ソフトウェアダウンロード
  • すべての質問
pagetop