FAQ

USB

USB 3.0 Host Controller ファームウェアとドライバのバージョンの確認方法
更新日:
タグ:

1) デバイスマネージャーを開きます。

デバイスマネージャーの開き方(外部リンク

2) 確認をしたいUSB3.0 Host Controller のプロパティを開きます。

 Device-Manager-USB3.0-Host-Controller-Properties

3) Advancedタブからファームウェアバージョンを確認できます。

USB3.0-Host-Controller-Properties-Advanced

4) Driverタブからドライバーバージョンを確認できます。

USB3.0-Host-Controller-Properties-Driver

 

このページを別のページで表示する(このページのリンク)

USB3.0カメラ 動作確認済み USB3.0ホストコントローラー 情報

弊社にて行いました、USB3.0カメラとUSB3.0ホストコントローラーの接続テストの結果を以下のリンクからダウンロードいただけます。(※これは全ての機能と動作を保証する物ではありません。この情報はあくまでも参考にしていただき、実際にはデモ機などで事前にテストを行なってください。)

USB3HostControllerChecklist (2014年7月31日更新)

 

USB3.0ホストコントローラーのドライバとファームウェアのアップデート情報

以下は弊社で調査した各社のUSB3.0ホストコントローラーのドライバとファームウェアのアップデート情報です。USB3.0ポートにUSB3.0カメラを接続しても上手く動作しない場合、お使いのUSB3.0ホストコントローラーのドライバやファームウェアをアップデートをすることによって改善する場合があります。(※以下のリンク先には弊社でテストしたものと異なる、新しいバージョンのドライバとファームウェアが公開されている場合があります。※ファームウェアの更新に失敗すると機器が使用出来なくなる場合がありますのでご注意ください。)

USB3.0ホストコントローラーのドライバとファームウェアのバージョンの確認方法

Intel 7 Series / 8 Series / 9 Series Chipset

インテル® USB 3.0 eXtensible ホスト・コントローラー・ドライバー

Fresco Logic

http://www.frescologic.com/index.php [SUPPORT]ページの右側の[DOWNLOAD]

Renesas uPD720202 / uPD720201

バッファロー社IFC-PCIE4U3S  ドライバ(3.0.23.0) / ファームウェア(2.0.2.6)

SilverStone社EC04-P

Renesas uPD720200A

SilverStone社EC02

Bplus社EC4U

Renesas uPD720200

SilverStone社EC02

Bplus社EC4U

TI SuperSpeed USB 4–Port xHCI Host Controller

TUSB7340

 

このFAQを別のページで表示する

USB2.0カメラをRaspberry Pi で使用する方法

更新日:
タグ:

センテックUSB2.0カメラをRaspberry Pi で使用する方法

このページではRaspberry Pi にセンテックUSB2.0カメラを接続しMJPG-Streamer(イーサネット経由)で映像を見る一連の方法について説明します。

・2015年2月20日:初稿

・2015年5月12日:更新

Raspberry Pi Model Bの起動準備をする

SDカードをフォーマットする

下記のRaspberry Pi財団のドキュメントに従いSDカードをフォーマットする。

http://www.raspberrypi.org/wp-content/uploads/2012/04/quick-start-guide-v2_1.pdf

SDFormatterをダウンロードしてインストールする。

フォーマット時にオプション設定ボタンをクリックする。

論理サイズ調整をONにする。

フォーマットボタンをクリックする。

NOOBSをダウンロードする

http://www.raspberrypi.org/downloads/ より NOOBS_v1_3_8.zip をダウンロードする。(最新版はバージョンが違う可能性があります。)NOOBSとは「New Out Of Box Software」の略でRaspberry Pi財団が配布している初心者Raspberry Piユーザーのためのディストリビューションです。

NOOBS_v1_3_8.zip を解凍し、フォーマットしたSDカードへ保存する

Raspberry Piにモニター、マウス、キーボード、NOOBSが保存されているSDカードを差し込み、最後に電源をつなぐ

Raspberry Pi には、電源スイッチがないので電力が供給されると起動してしまう。

Raspberry Piが起動し、NOOBSメニューが表示されるので Raspbian を選択して、左上のInstallボタンを押す

Keyboard は”jp”を選択する。Language は”English(UK)”のままにする。(文字化けするので)

インストールにしばらく時間がかかる。

無事終了すると、OS(es) Installed Successfully が出力されるので OKボタンを押す

自動的に再起動し、Raspberry Pi Software Configuration Tool (raspi-config)メニューが出ます。

Raspi-configメニューで、必要に応じて設定する

終了したら Finish を選択し終了する。

ルートパーティションの拡張を確認する

SDカードにRaspbianのカードイメージファイルを書き込みましたが、ディスクのパーティションは2GBほどのサイズとなっており、SDカードの残りの領域はパーティション未定義となっています。ルートパーティションの拡張を行うことで、SDカードのすべての領域を使用できるようにします。

“1. Expand Filesystem”を選択して、ルートパーティションが拡張されていることを確認してOKボタンを押す。

Graphical desktopを設定する

“3. Enable Boot to Desktop/Scratch”を選択して、”Desktop Log in as user ‘pi’ at the graphical desktop”を選択し、OKボタンを押す。これらは必要に応じて設定します。

Local、Timezone、Keyboard Layout を変更する

“4. Internationalisation Options”を選択して、必要に応じて設定する。設定が終了したら”Finish”を選択する。”Would you like to reboot now?”と表示されるので、”Yes”を選択すると、Raspberry Piが再起動します。


Raspberry Piのシャットダウン・再起動する方法

シャットダウンするには、デスクトップ上にある”Shutdown”アイコンをクリックするか、

もしくは、”LXTerminal”をダブルクリックしてターミナルを起動し、以下のコマンドを実行する。

シャットダウンするには、以下のコマンドを実行する。

$sudo shutdown -h now

再起動するには、以下のコマンドを実行する。

$sudo shutdown -r now

 


Raspberry Pi にイーサネットを接続する(固定IPアドレスを設定する)

Raspbian のIPアドレス設定は、デフォルトでは”DHCP”となっており、IPアドレスは自動で割り当てられます。DHCPにするか固定IPアドレスにするか必要に応じて設定してください。以下、固定IPアドレスを設定する方法を説明します。

固定IPアドレスを設定する

固定IPアドレスを割り当てるには、interfaces設定ファイルとresolv.conf設定ファイルを編集します。編集はviエディタで行ってもnanoエディタ(Raspbian付属)で行っても構いません。ここではnanoエディタで編集する方法を示します。

interfaces設定ファイルを編集する

/etc/network/ 下にある interfaces設定ファイルを編集します。LXTerminalを起動し”$sudo nano /etc/network/interfaces“とコマンド入力しEnterを押す。

nanoエディタが起動しinterfaces設定ファイルが開きます。iface eth0 inet dhcp の “dhcp” を 固定IPアドレスとしたいので “static” に変更する。変更した次の行以降に、

・設定する固定IPアドレス

・サブネットマスク

・デフォルトゲートウェイ

を記述する。

例)

iface eth0 inet static

address 192.168.1.180

netmask 255.255.255.0

gateway 192.168.1.1

編集が終了したら、Ctrl+Oを押し、Enterを押して上書き保存し、Ctrl+Xを押してnanoエディタを終了する。

resolv.conf設定ファイルを編集する

/etc/ 下にある resolv.conf設定ファイルを編集します。LXTerminalで”$sudo nano /etc/resolv.conf“とコマンド入力し、設定ファイルを開きます。nameserver 8.8.8.8 の 8.8.8.8 を DNSサーバーのIPアドレスに変更します。

例) nameserver 192.168.1.1

編集が終了したら、Ctrl+Oを押し、Enterを押して上書き保存し、Ctrl+Xを押してnanoエディタを終了する。

IPアドレスが正しく設定されているか確認する

LANケーブルを Raspberry Pi に接続します。パソコンのコマンドプロンプトからpingを実行するなどして、固定IPアドレスが設定できたか確認してください。

方法1: WindowsのコマンドプロンプトのPingコマンドで確認する

Windowsの検索に”cmd”と入力し、”cmd.exe”を実行する。


コマンドプロンプトに”ping 192.168.1.180“を入力しEnterを押す。(例:Raspberry PiのIPアドレスを192.168.1.180にした場合)正しく設定されている場合は、下図の様にReplyがあります。

正しく設定されていない場合は、下図の様にtime out や unreachable になります。

方法2: ウェブブラウザで確認する

“Midori”というウェブブラウザのショートカットがデスクトップにあるのでこれを起動する。

正しく設定されている場合は、Yahooなどが表示されます。

方法3: LXTerminal で”sudo ifconfig“と入力する

正しく設定されている場合は、下図の様に設定したIPアドレスなどが確認できます。

 

 


カーネルソースコードを入手して、カーネルをビルドできる環境を構築する

例)カーネル 3.12.28+ のソースコードをビルドして、カーネル 3.12.28+ で立ち上げる。バージョンが変わっている場合は、そのバージョンに合わせて数字を変更して進めてください。

環境を構築する

インターネットに繋げ、下記のコマンドによりアップデートとインストールを行う。

$ sudo su

# apt-get update

# apt-get -y dist-upgrade

# apt-get -y install gcc make bc screen ncurses-dev

カーネルソースコード等入手する

# cd /usr/src(/usr/src の下には、Raspbianインストール直後は何もない。)

# git init

# git clone –depth 1 git://github.com/raspberrypi/linux.git(githubより、カーネルソースコード入手する。)

# git clone –depth 1 git://github.com/raspberrypi/firmware.git

# cd linux

# gzip -dc /proc/config.gz > .config(config.gz を .config として解凍する。configの前にドットが必要です。)

# cp -p /usr/src/firmware/extra/Module.symvers .(Module.symvers をコピーする。最後のドットが必要です。)

# ls –a(.config と Module.symvers が存在することを確認する。)

カーネルをビルドする

# make oldconfig

新しく追加された追加項目があれば確認があるので、”Y”か”m”を選択して先に進める。

# make clean

# make(この処理に長時間要する。約10時間)

カーネルの起動準備をする

/lib/modulesの下にローダブルモジュールをインストールする

# make modules_install

# mkdir boot

インストールパスを作成した /usr/src/linux/boot に指定し、make install する

# make INSTALL_PATH=/usr/src/linux/boot install

vmlinuz-3.12.28+ を /boot の下にコピーする

# cp /usr/src/linux/boot/vmlinuz-3.12.28+ /boot

nanoエディタを使用して、kernel=vmlinuz-3.12.28+ を config.txt ファイルに追加する

# nano /boot/config.txt

スクロールをして最下部に”kernel=vmlinuz-3.12.28+“の記述を追加して、Ctrl+O を押し、Enterで上書き保存、Ctrl+X で Exitし、nano を終了する。

再起動する

# ln -s /usr/src/linux/ /lib/modules/3.12.28+/build

# reboot

vermagicを確認する

$ cd /lib/modules/3.12.28+/build

以下の2つの出力が同じであることを確認する

$ cat include/generated/utsrelease.h

出力:#define UTS_RELEASE “3.12.28+”

$ uname -r

出力:3.12.28+

 


Raspberry Pi上で、センテックLinuxドライバ※をビルドする

※Sentech_Rpi.zip内のSentech-3.2.7.tgzとして配布します。Windowsなどでダウンロードをした後にZipファイルを解凍して下さい。(Sentech_Rpi.zipをダウンロード)以下、Sentech-3.2.7 を例に説明します。

※2015年5月12日更新:Raspberry Pi のカーネルバージョンが3.18以降では上記 Sentech_Rpi.zip 内の Sentech-3.2.7 ではエラーが発生しますので、Sentech-3.2.32 を使用してください。(Sentech-3.2.32をダウンロード

Raspberry Pi に センテックLinuxドライバをコピーする

ネットワークドライブなどにLinuxドライバを置く。

Raspberry Pi で File Managerを起動する。

Start > Accessories > File Manager


ネットワークドライブを開く。Menu > Go > Network Drives

ネットワークからRaspberry Pi の任意の場所に、Linuxドライバをコピーする。

Raspberry Pi内の任意のフォルダに Sentech-3.2.7.tgz を解凍・展開する

$ tar -zxf Sentech-3.2.7.tgz

Sentech-3.2.7下にあるMakefile を Raspberry Pi用にコメントアウトしたものMakefile-Rpi※に置き換える

※Sentech_Rpi.zip内のMakefile-Rpiとして配布します。Windowsなどでダウンロードをした後にZipファイルを解凍して下さい。(Sentech_Rpi.zipをダウンロード

※2015年5月12日更新:Raspberry Pi のカーネルバージョンが3.18以降ではSentech-3.2.7ではエラーが発生しますので、Sentech-3.2.32 を使用してください。(Sentech-3.2.32をダウンロード

解凍した Sentech-3.2.7下に、Makefile-Rpi を File Manager などを使って移動する

$ cd Sentech-3.2.7

$ mv Makefile-Rpi Makefile

make install する

$ sudo make install

“CC [M] /home/pi/Sentech-3.2.7/SentechTUSB.o”の部分で数分時間が掛かりますので、途中で止めないでください。次の画面のような表示になれば、make installが成功しています。


 


Raspberry Pi上で カメラ動作を確認する

STC-MB33USB(VGAモノクロUSBカメラ)もしくは、STC-MC33USB(VGAカラーUSBカメラ)を使用します。動画ストリーミングソフトウェアとして ※MJPG-streamer を使用してカメラが動作することを確認します。

※Sentech_Rpi.zip内のmjpg-streamer-Sentech0725.tgzとして配布します。Windowsなどでダウンロードをした後にZipファイルを解凍して下さい。(Sentech_Rpi.zipをダウンロード

なお、この MJPG-streamer は Sentech Cameraが MJPEGフォーマット(Video For Linux2でいうところの V4L2_PIX_FMT_MJPEG)に対応していないのでMJPEGフォーマットの代わりに GREYフォーマットをデフォルトフォーマットとし、再構築したものです。

最新のパッケージリストを取得する

$ sudo apt-get update

MJPG-streamer を動かすために必要なパッケージを事前にインストールする

$ sudo apt-get install -y libjpeg8-dev imagemagick

Raspberry Pi内の任意のフォルダに mjpg-streamer-Sentech0725.tgz を解凍・展開する

$ tar -zxf mjpg-streamer-Sentech0725.tgz

mjpg-streamerへ移動しmakeする

$ cd mjpg-streamer

$ make

Sentech Cameraを Raspberry Pi に接続し(マウスを外してカメラを繋ぐ)、以下のコマンドを実行して MJPG-streamer を起動する

$ ./mjpg_streamer -i “./input_uvc.so -f 15 -n -r 640×480 -d /dev/video0” -o “./output_http.so -w ./www -p 8080”

上記コマンドを打ち込まなくても、以下のコマンドで可能です。

$ ./start.sh

6. Webブラウザを起動して、Raspberry Pi のポート8080にアクセスすると、以下のようなページが表示されます。JavaScript を選択すると、動画を見ることができます。Windows の場合、http://192.168.1.180:8080(Raspberry PiのIPアドレスが 192.168.1.180で ポート指定が8080の場合)

以上です。

このページのリンク http://sentech.co.jp/information/faq/usb/2146

複数のカメラを使用する方法
更新日:
タグ:

複数のカメラが接続されている状態で任意のカメラを選択するには一旦すべてのカメラをオープンした後、不要なカメラをクローズする必要があります。SDKに含まれているサンプルプログラムPreviewSizeは起動時にこの手順に従ってカメラ選択を行っています。

以上

 

このFAQを別のページで表示する

1405-7

StCam_CameraSetting コマンドを実行するとエラーになる
更新日:
タグ:

[現象]

STC-TC83USB-AT(旧USB2.0モデル(STC-TC/TB))に対して StCam_CameraSetting コマンドを実行するとエラーになる。

[原因]

StCam_CameraSetting コマンドはカメラ本体に設定を保存できるモデルのみに対応しています。

 

[対応状況]

対応:ボードタイプUSB2.0カメラ(STC-SB/SC)USB3.0カメラ

非対応:旧USB2.0モデル(STC-TC/TB)USB2.0モデル(STC-MB/MC)

(2014年8月時点 ※今後、カメラハードウェアの仕様が変更になる場合があります。)

 

以上

 

このFAQを別のページで表示する

1404-6

Cognex VisionPro でUSBカメラを使用する方法
更新日:
タグ: , ,

STEP1: Sentech StCamSWareをインストールしてください。インストール時に「完全」を選択するか、「カスタム」を選択し「CognexVisionProInterface」にチェックを付けてインストールするとVisionProに対応したUSBドライバーがインストールされます。

STEP2: カメラをPCのUSBポートに接続してください。

STEP3: Cognex VisionProのライセンス認証をしてください。USBドングルキーなどをPCに挿している必要があります。デモモードではカメラを認識しません。

STEP4: VisionPro QuickBuildを管理者モードで起動してください。特に64-bit OSの場合は管理者権限モードで起動しないとカメラを認識しません。

「スタート」>「Cognex」>「VisionPro(R)QuickBuild」を右クリックして「Run as administtrator」をクリックしてください。

STEP5: 「Image Source」をダブルクリックしてください。「Iamge Source」ウィンドウが開きます。

STEP6: 「Camera」にチェックをしてください。

STEP7: 「Iamge Acquisition Device/Frame Grabber:」のドロップダウンメニューからカメラを選択してください。

注意: Cognex VisionProのライセンスが必要です。USBドングルキーなどをPCに挿している必要があります。ライセンス認証をしていない場合は下記の様なメッセージがでます。また、64-bit OSの場合は管理者モードでVisionProを起動する必要があります。

STEP8: 「Initialize Acquisition」をクリックしてください。

STEP9: 「Strobe & Trigger」タブを選択してください。

STEP10: Trigger Mode から「Free Run」もしくは希望の動作モードを選択してください。

STEP11: ウィンドウを閉じてください。

STEP12: 「Run Job Once」もしくは、「Run Job Continuously」をクリックしてください。映像がプレビューされます。

 

 

以上

 

このFAQを別のページで表示する

 1404-2

複数台のUSBカメラを繋げたのですが、フレームスピードが出ません。
更新日:
タグ:
下記の項目を確認してください。
  • ハブを使用していますか?使用している場合は直接、PCのUSBポートに接続してください。
  • クロックの設定を2台とも1/2にしてみてください。

設定>詳細設定画面モードにする>その他 タブ >クロック で変更できます。

  •  Core iの省電力モードが影響している場合があります。
Windowsのスタート > 全てのプログラム > Sentech > StCamSWare > StPowerCtrl のソフトで自動制御にチェックを付けてください。

 

ケーブルの許容曲げ半径を教えてください。
更新日:
タグ: , , ,

詳細はケーブルの仕様書をご確認ください。ただし、一般的にケーブルの許容曲げ半径はケーブル外径の5倍以上確保頂くのが望ましいです。
例えば、ケーブル外径がΦ5.1mmの場合、下記の計算により最小曲げ半径は26mmとなります。

Φ5.1mm × 5 ≒ 26mm

 

このFAQを別のページで表示する

シャッター速度等を設定する関数 StCam_SetShutterSpeed を用いたC#のサンプルコードがありません。この関数を使ったサンプルコードはありませんか?
更新日:
タグ: , , , ,

StCam_SetShutterSpeedはUSB3.0カメラ非対応の古い関数なので、SDKのヘルプには非推奨と記述してあります。

新規のアプリケーションには、代わりに “StCam_SetExposureClock” を使用して下さい。
“StCam_SetExposureClock” はサンプルプログラムで使用されています。

もし、何らかの理由があって “StCam_SetShutterSpeed” を使わなければならない場合、3.00より前のバージョン(1.XX)のサンプルでは “StCam_SetShutterSpeed” が使用されています。

 

このFAQを別のページで表示する

トリガーモードでオートゲイン、オートシャッター、DCアイリスレンズ制御などが上手く動きません。
更新日:
タグ: , , , , ,

フィードバック制御が出来なくなるので、トリガーモードではオートゲイン(AGC)、オートシャッター(AE)、オートアイリスレンズ制御などの自動制御機能は上手く動作しません。
各種オートモードはフリーランモード(連続モード)でご使用ください。

このFAQを別のページで表示する

1 2
カメラの選び方
  • ソフトウェアダウンロード
  • すべての質問
pagetop