よくある質問

CLCtrl2

通信ソフトの通信内容をモニタする方法
更新日:
タグ: , , , , ,

通信ソフトが送受信しているコマンドをモニタする方法を説明します。通信内容の解析に役立ちます。

対応ソフト:CLCtrl2、EFDSPCtrl、HD133Ctrl、DQUCtrl、JTACtrl

STEP1: DebugView.exe を次のリンクからダウンロードします。

http://technet.microsoft.com/en-us/sysinternals/bb896647.aspx

STEP2: ダウンロードしたDebugView.exeを起動します。(インストールは不要です。)


STEP3: 通信ソフトのデバッグモードに有効にします。

例)CLCtrl2(日本語)の場合

通信(C) > ポート設定(P) をクリックしてください。

「デバッグモード」にチェックをつけます。

例)EFDSPCtrl(英語)の場合

「COMM(C)」>「Port Setting(O)…」

Debug Mode」にチェックをつけます。

STEP4: 通信している内容がDebugViewにモニタされます。

以上

このFAQを別のページで表示する

1405-1

Camera Link(カメラリンク)カメラ 通信ソフト CLCtrl2 がバージョンアップしました。
更新日:
タグ: ,

Camera Link(カメラリンク)カメラ 通信ソフト CLCtrl2 がバージョンアップしました。

CLCtrl v1.04

主な変更点は高速CMOSカメラなどの新しいモデルへの対応です。

 

営業部

通信ソフト CLCtrl、CLCtrl2 の通信はバイナリ形式です。
更新日:
タグ: , , ,

通信ソフト CLCtrl、CLCtrl2 は通信コマンドはバイナリ形式です。
文字列で送るとエラーになりますが、一文字づつ送ると通信ができてしまう場合があり、続けて送ったときのエラーの原因が分からないときがありますのでご注意下さい。

対象製品: 通信ソフト CLCtrl、CLCtrl2

 

このFAQを別のページで表示する

トリガーモード時に映像に横線ノイズが入ります。

・現象
トリガーモード時に映像に水平ノイズが入ってしまう。

H-Reset_Horizontal_Noise

・原因
イメージセンサーから映像が出力されている期間にトリガーが入力され次の露光が開始されると、映像にノイズが乗ってしまう現象です。

・対策
カメラのトリガ露光開始モード[12H4-3]で[2]水平同期トリガモードを選択します。 水平同期トリガモードにすると、入力されたトリガー信号のタイミングを自動的に水平ブランキング期間にずらし、ノイズの映像への混入を防ぎます。 水平同期トリガモードにする方法は、カメラリンクカメラ通信ソフトのCLCtrlもしくはCLCtrl2から、トリガ露光開始モード[12H4-3]で[2]水平同期トリガモードを選択します。

・注意事項
水平同期トリガモードではトリガーと露光開始タイミングに最大1H分のバラつきが発生いたします。
機種によっては「水平同期トリガモード」を「H-RESETトリガモード」と表記してる機種がありますが同じ機能です。

 

このFAQを別のページで表示する

CLCtrl2ソフトウェアの仮想COMポートを64-bit環境で使用すると「指定されたファイルが見つかりません。(No. 0x00000002)」というエラーメッセージが表示されてしまう。
更新日:
タグ:

64-bit環境で仮想COMポートを使用する場合、ボードによって管理者権限が必要になる場合があります(例: Euresys製ボード)。この場合、CLCtrl2を管理者権限で実行させる必要があります。

CLCtrl2をインストールしたフォルダーにある「CLCtrl2.exe」を右クリックし「管理者として実行」を選択してください。

Windwows 7 64-bit の場合は、”C:\Program Files\Sentech\CLCtrl2\”にあります。

もしくは、 CLCtrl2のショートカットを右クリックし、プロパティーで表示される画面から、CLCtrl2.exeが何処にあるか分かります。

CLCtrl2_Property

 

このFAQを別のページで表示する

通信ソフト CLCtrl2 のポート設定で使用中のボードに対応したカメラリンクAPIが表示されない。
更新日:
タグ: , ,

ポート設定画面で表示されるDLL(カメラリンクAPI)は、CLCtrl2が検出可能な場所に存在する「clserxxx.dll」という名前のファイルのみです。ボードメーカー独自のフォルダーへコピーされたDLLは検出されないことがあります。

その場合は、CLCtrl2.exeと同じフォルダーへDLLへコピーしてから、再度ポート設定画面を開いてください。

CLCtrl2.exeの存在するフォルダーは、CLCtrl2のショートカットを右クリックをしてプロパティーで表示される画面から確認が出来ます。

CLCtrl2_Property

その際、以下の点に注意が必要です。

  • ボードメーカーのドライバをバージョンアップした場合は、DLLも新しいバージョンのものへ置き換えてください。
  • CLCtrl2(x86)には32ビット(x86)用のDLLを、CLCtrl2(x64)には64ビット(x64)用のDLLを使用してください。

次の表はボードメーカー各社のDLL(カメラリンクAPI)のファイル名です。詳細は各ボードメーカーからの情報でご確認をお願いいたします。

ボードメーカー DLL(カメラリンクAPI)ファイル名
Euresys clseremc.dll
Matrox clsermtx.dll
BitFlow clserbit.dll
Coreco clsercii.dll
Cam2Net clserc2n.dll
National Instruments clsernat.dll

 

このFAQを別のページで表示する

カメラの選び方
  • ソフトウェアダウンロード
  • よくある質問
pagetop