よくある質問

USB

Cognex VisionPro でUSBカメラを使用する方法
更新日:
タグ: , ,

STEP1: Sentech StCamSWareをインストールしてください。インストール時に「完全」を選択するか、「カスタム」を選択し「CognexVisionProInterface」にチェックを付けてインストールするとVisionProに対応したUSBドライバーがインストールされます。

STEP2: カメラをPCのUSBポートに接続してください。

STEP3: Cognex VisionProのライセンス認証をしてください。USBドングルキーなどをPCに挿している必要があります。デモモードではカメラを認識しません。

STEP4: VisionPro QuickBuildを管理者モードで起動してください。特に64-bit OSの場合は管理者権限モードで起動しないとカメラを認識しません。

「スタート」>「Cognex」>「VisionPro(R)QuickBuild」を右クリックして「Run as administtrator」をクリックしてください。

STEP5: 「Image Source」をダブルクリックしてください。「Iamge Source」ウィンドウが開きます。

STEP6: 「Camera」にチェックをしてください。

STEP7: 「Iamge Acquisition Device/Frame Grabber:」のドロップダウンメニューからカメラを選択してください。

注意: Cognex VisionProのライセンスが必要です。USBドングルキーなどをPCに挿している必要があります。ライセンス認証をしていない場合は下記の様なメッセージがでます。また、64-bit OSの場合は管理者モードでVisionProを起動する必要があります。

STEP8: 「Initialize Acquisition」をクリックしてください。

STEP9: 「Strobe & Trigger」タブを選択してください。

STEP10: Trigger Mode から「Free Run」もしくは希望の動作モードを選択してください。

STEP11: ウィンドウを閉じてください。

STEP12: 「Run Job Once」もしくは、「Run Job Continuously」をクリックしてください。映像がプレビューされます。

 

 

以上

 

このFAQを別のページで表示する

 1404-2

ケーブルの許容曲げ半径を教えてください。
更新日:
タグ: , , ,

詳細はケーブルの仕様書をご確認ください。ただし、一般的にケーブルの許容曲げ半径はケーブル外径の5倍以上確保頂くのが望ましいです。
例えば、ケーブル外径がΦ5.1mmの場合、下記の計算により最小曲げ半径は26mmとなります。

Φ5.1mm × 5 ≒ 26mm

 

このFAQを別のページで表示する

画素フォーマットの RGB32 と RGB24 の違いは何でしょうか?
更新日:
タグ:

RGB32はRGB24にダミービッドを追加して4バイトのデータにしたフォーマットです。画質に違いはありませんが、3バイトのRGB24よりも4バイトのRGB32の方がソフトウェア処理で扱いやすい場合あるので選択が出来るようになっています。初期値はRGB24です。

画素フォーマット

 

このFAQを別のページで表示する

StCamSWareがv3.03にアップデートしました。
更新日:
タグ: ,

USBカメラのビューアーソフト StCamSWareがv3.02からv3.03にアップデートしました。

StCamSWare(v3.03)のダウンロード(約17MB)

StCamSWareの主な変更点

■ 2013/03/29 v3.02からv3.03

  • 非圧縮動画ファイル作成時のファイル書き込み処理を高速化し、コマ落ちを軽減しました。
  • AVI2.0(OpenMDL)形式の動画ファイル作成に対応し、2Gバイトを超える動画保存が可能になりました。

    保存先ドライブのファイルシステムがFATの場合、作成可能な動画ファイルのサイズは約2Gバイトまでになります。
    保存先ドライブのファイルシステムがFAT32の場合、作成可能な動画ファイルのサイズは約4Gバイトまでになります。
    保存先ドライブのファイルシステムがNTFSの場合、作成可能な動画ファイルのサイズは約2Tバイトまでになります。
    「4.動画保存」の記述を変更しました。

  • START/STOPトリガの自動サブトリガ設定の最小値を500msから100msへ変更しました。

    START/STOPトリガ時の露光時間は、START/STOPトリガ間隔によって決まります。そのため、CPU負荷によりるSTOPトリガ発行の遅延により、露光時間が予定よりも伸びることがあります。その影響は、露光時間が短いほど大きくなります。仮にトリガの間隔が5msほどSTOPトリガが遅延した場合、予定していた露光時間が500msであれば影響は1%程度になりますが、予定していた露光時間が100msならば影響は5%程度になります。露光時間が500msまでであれば、「1/4クロックモード」と「1/1パーシャルモード」を組み合わせることにより、プリセットすることも可能なので、露光時間の精度を高めたい場合は、START/STOPトリガではなくエッジプリセットトリガを使用して下さい。

  • ビニングスキッピングが有効となっているSTC-MBA5MUSB3, STC-MCA5MUSB3の設定ファイルを読み込んだ際に、解像度が変化してしまう不具合を修正しました。

 

DirectShowフィルタの変更点

  • StDirectShowManagerで登録可能なカメラの数を「最小1台~最大8台から「最小0台~最大10台」へ変更しました。
  • StDirectShowManager起動時に管理者権限が要求されない不具合を修正しました。

 

その他の変更点

  • 「8.Intel社 Core i3, i5, i7等のCPUで発生する不具合について」へ関連情報の記述を追加しました。

 

■ 2012/10/26 v3.01からv3.02

主な変更点

  • DirectShowFilterにおいてIAMVideoProcAmp[VideoProcAmp_Hue]の範囲を-180,000~180,000から-18,000~18,000へ修正しました。
  • DirectShowFilterにおいてピンのプロパティ画面上でのスキャンモード設定に対応しました。
  • DirectShowFilterにおいて一部のカメラで「既定読み込み」の一部の設定が正常に反映されない不具合を修正しました。
  • Cognex社CVL(Cognex Vision Library)およびVisionProに対応しました。

 

■ 2012/07/31 v1.11からv3.01

StCamSWareの主な変更点

  • 新機種(STC-MBA5MUSB3, STC-MCA5MUSB3)対応に伴い機能追加およびレイアウトの変更を行いました。
    MBA5MUSB3/MCA5MUSB3 従来機種
    USB速度 Super Speed High Speed
    ALC カメラ側で処理
    重み付け/閾値/許容誤差設定なし
    OneShot設定なし
    パソコン側で処理
    WB カメラ側で処理
    目標値設定なし
    パソコン側で処理
    ガンマ カメラ側ガンマ機能追加 (パソコン側のみ)
    画素欠陥補正 画素欠陥補正機能追加
    EEPROM カメラ設定保存機能追加
    AOI AOI機能追加
    スキッピングビニング 詳細設定可能 縦方向のみ
    詳細設定不可
    FPS調整 Vブランキングによる調整追加
    動作クロック変更機能なし
    動作クロックによる変更
    鏡像反転 カメラ側鏡像反転機能追加 (パソコン側のみ)

 

■ 2012/03/07 v1.10からv1.11

ツール追加

  • StDirectShowManagerツールを追加しました

 

■ 2011/08/29 v1.09からv1.10

StCamSWareおよびSDKの主な変更点

  • ダイレクト保存スナップショット機能追加
  • UNICODE化しドイツ語, スペイン語, 中国語表記に対応しました(それに伴い一部の設定画面のレイアウトを変更しました)
  • C/MFCランタイムをDLLからスタティックライブラリへ変更しました
  • タイトルバーのバージョン表記のフォーマットを変更しました
  • 対象OSからWindows2000 SP4を削除しました

    Windos2000 SP4での動作を妨げることはしていませんが、Windows2000 SP4での動作確認は行っていません。
    また、Windows2000 SP4固有の不具合については原則対応いたしません。

 

ツール追加

  • StPowerCtrlツールを追加しました(8.Intel社 Core i3, i5, i7等のCPUで発生する不具合について)

 

DirectShowフィルタの変更点

  • 下記のインターフェースに対応しました
    IAMVideoProcAmpインターフェイス(BacklightCompensation)
    IAMVideoControlインターフェイス(FlipHorizontal, FlipVertical)
    IAMCameraControlインターフェイス(Exposure)

 

このFAQを別のページで表示する

カメラの選び方
  • ソフトウェアダウンロード
  • よくある質問
pagetop