よくある質問

VisionPro

Cognex VisionPro でUSBカメラを使用する方法
更新日:
タグ: , ,

STEP1: Sentech StCamSWareをインストールしてください。インストール時に「完全」を選択するか、「カスタム」を選択し「CognexVisionProInterface」にチェックを付けてインストールするとVisionProに対応したUSBドライバーがインストールされます。

STEP2: カメラをPCのUSBポートに接続してください。

STEP3: Cognex VisionProのライセンス認証をしてください。USBドングルキーなどをPCに挿している必要があります。デモモードではカメラを認識しません。

STEP4: VisionPro QuickBuildを管理者モードで起動してください。特に64-bit OSの場合は管理者権限モードで起動しないとカメラを認識しません。

「スタート」>「Cognex」>「VisionPro(R)QuickBuild」を右クリックして「Run as administtrator」をクリックしてください。

STEP5: 「Image Source」をダブルクリックしてください。「Iamge Source」ウィンドウが開きます。

STEP6: 「Camera」にチェックをしてください。

STEP7: 「Iamge Acquisition Device/Frame Grabber:」のドロップダウンメニューからカメラを選択してください。

注意: Cognex VisionProのライセンスが必要です。USBドングルキーなどをPCに挿している必要があります。ライセンス認証をしていない場合は下記の様なメッセージがでます。また、64-bit OSの場合は管理者モードでVisionProを起動する必要があります。

STEP8: 「Initialize Acquisition」をクリックしてください。

STEP9: 「Strobe & Trigger」タブを選択してください。

STEP10: Trigger Mode から「Free Run」もしくは希望の動作モードを選択してください。

STEP11: ウィンドウを閉じてください。

STEP12: 「Run Job Once」もしくは、「Run Job Continuously」をクリックしてください。映像がプレビューされます。

 

 

以上

 

このFAQを別のページで表示する

 1404-2

Cognex VisionPro で露光時間が設定できません。
更新日:
タグ: , , , ,

電子シャッタ露光時間を設定するGenICamコマンド名に VisionPro では “ExposureTimeABS” を推奨しているのに対し、弊社のカメラは “ExposureTimeRaw” を使用しています。電子シャッタ露光時間を設定するGenICamコマンド名に “ExposureTimeRaw”を使用してください。

弊社のGigEカメラのGenICamコマンドは各カメラのマニュアルに記載しております。

 

このFAQを別のページで表示する

関連するFAQ

GigEカメラは Cognex VisionPro で使用できますか?

GigEカメラは Cognex VisionPro で使用できますか?
更新日:
タグ: ,

弊社のドライバーとの共存や、露光時間設定などのGenICamコマンド名に注意がございます。
詳しくは下記のPDFをご覧ください。

 

日本語: TechNote_GigE06_Camera_on_VisionPro_JP_Rev1.0
English: TechNote_GigE06_Camera_on_VisionPro_EN_Rev1.0

 

このFAQを別のページで表示する

関連するFAQ

Cognex VisionPro で露光時間が設定できない。

カメラの選び方
  • ソフトウェアダウンロード
  • よくある質問
pagetop