FAQ

GigE Vision

GigE VisionカメラのIPアドレスを10進数で固定IPアドレスを設定する方法を教えて下さい
更新日:
タグ:

■Sentech SDK Package v1.06以降を使用している場合

IP設定ソフトウェア「GigECameraIPConfig_VC120_Win32」を使用して、
固定IPアドレスに設定できます。

Sentech SDK Packagev1.0.6以降のバージョンをインストールすると、
IP設定ソフトウェア「GigECameraIPConfig_VC120_Win32」がインストールされます。
インストール先フォルダを変更しなかった場合、C:\Program Files\OMRON_SENTECH\SentechSDK の
フォルダ内に実行ファイルがコピーされます。

以下の手順で10進数による固定IPアドレスを設定できます。

1. カメラを接続して「GigECameraIPConfig_VC120_Win32」を実行して下さい。
2. Device Selection画面が開くのでカメラを選択し、OKを押して下さい。
3. GigE Camera IP Configが開くので、右下の「PersistentIP」にチェックを入れて下さい。
4. IP address、Subnet maskを入力して下さい。
5.「DHCP」のチェックを外し、「Apply」を押してください。
6. 設定後、StViewerを実行し、Device Selection画面のDevice Configration側のIP Addressが設定した
  IPアドレスになっていることを確認して下さい。

■Sentech SDK Package v1.05を使用の場合

IP設定ソフトウェア「GEVPersistentIPSettingUtility」を使用して、
固定IPアドレスに設定できます。

ソフトウェアは、弊社ホームページの、ソフトウェアダウンロード (サンプル) より
GigEConfigurationsPresistIPをダウンロードして下さい。
※ソフトウェアのダウンロードはアクセスキーが必要になります。
初回のみアクセスキーの取得をお願いします。

以下の手順で10進数による固定IPアドレスを設定できます。

1. カメラを接続して「GEVPersistentIPSettingUtility」を実行して下さい。
2. Selectを押すと、Device Selection画面が開くのでカメラを選択し、OKを押して下さい。
3. IP address、Subnet maskを入力し、右下の「PersistentIP」にチェックを入れて下さい。
4.「DHCP」のチェックを外し、「Apply」を押してください。
5. 設定後、GEVPersistentIPSettingUtility」を実行し、Selectを押して、Device Selection画面を開き、
  Device InformationのIP Addressが設定したIPアドレスになっていることを確認して下さい。

■StGigE-PackageまたはeBUS SDKを使用の場合
StGigEPlayerまたはeBUSPlayerにより固定IPアドレスが設定できます。

以下の手順で固定IPアドレスを設定できます。

1. 「TransportLayerControl」-「GigE-Vision」-「GevCurrentIPConfigurationPersistentIP」を
    「True」に設定
2. 「TransportLayerControl」-「GigE-Vision」-「GevPersistentIPAddress」に固定IPアドレスを、
    「TransportLayerControl」-「GigE-Vision」-「GevPersistentSubnetMask」にサブネットマスクを
    設定して下さい。

このFAQを別のページで表示する

GigE Visionカメラの接続例を教えて下さい
更新日:
タグ:

下記の①または②の構成があります。
PoE対応構成でない場合、別途6ピンコネクタからの電源供給が必要となります。

①PC1台にカメラ1台接続


DeviceManager1

②PC1台にカメラ複数台接続

・スイッチングハブを使用する場合


DeviceManager1

メリット:
4ポート以上のスイッチングハブを使用し、カメラを4台以上使用する際、安価にシステムを構築できます。
スイッチングハブの設置場所によっては、スイッチングハブ-PC間のケーブル引き回しが簡単にできます。

デメリット:
スイッチングハブ-PC間の伝送帯域(1Gbps)により、フリーラン動作 / 高速トリガ動作 で
同時に使用できるカメラ台数もしくは、フレームレートに制限があります。
スイッチングハブ用の電源が必要となり、設置場所を考慮する必要があります。

・PCへ拡張ボードを取り付けた場合


DeviceManager1

メリット:
各ポートが独立しているボードの場合、複数台のカメラを接続しても各カメラを高フレームレートにて動作できます。
拡張ボードはPC内に取り付ける為、コンパクトな設計が可能です。

デメリット:
拡張ボードは最大4ポートのボードが多い為、カメラを5台以上使用する際は複数の拡張ボードが必要になります。
カメラ-PCの接続となる為、システム内のケーブルの引き回しが複雑になります。
ノートPCや拡張スロットルに制限があるPCでは対応出来ません。

このFAQを別のページで表示する

USB/GigE Visionカラーカメラで取り込んだ画像が緑がかっている
更新日:
タグ:

USB / GigE Vision カメラーカメラは、ベイヤー配列のセンサーを搭載しています。
ホワイトバランスOFF設定時やホワイトバランス設定が適切でない場合、
取り込んだ画像が、緑がかっている画像になる場合があります。
下記手順にて、ホワイトバランス調整を行ってください。

以下、StViewerでのホワイトバランス調整方法です。(USB3 Visio, GigE Vision)

1. 画像取得を停止した後、RemoteDevice → AnalogControl → Balance White Autoにて
「Once」または「Continuous」を選択して下さい。

「Once」→ 一度のみホワイトバランスを自動調整
「Continuous」 → 継続してホワイトバランスを自動調整

以下、StCamsWareでのホワイトバランス調整方法です。(USB3 Vision, USB3.0, USB2.0)

1.「オプション」タブ → 「設定」 → 「詳細設定」 を選択して下さい。
2.「ホワイトバランス」タブを選択し、「ホワイトバランスモード」の、
「マニュアルWB」,「AWB」,「ワンショットAWB」のいずれかを選択して下さい。

「マニュアルWB」 → 手動でホワイトバランスを調整
「AWB」→ 継続してホワイトバランスして自動調整
「ワンショットAWB」→ 一度のみホワイトバランスを自動調整

このFAQを別のページで表示する

StViewerで設定するシャッタスピード (露光時間) の単位を教えて下さい
更新日:
タグ:

シャッタスピード(露光時間) の設定単位は、μs[マイクロ秒]です。

このFAQを別のページで表示する

StViewerにて画像の一部しか表示されません
更新日:
タグ:

起動時は原画像(x1)表示の為、カメラによってはStViewer上で画像の一部のみが表示されます。
画像全体を表示する場合は、StViewerのZoom機能を使用し、画像全体が表示される縮小倍率を選択して下さい。

以下の手順で,画像全体が表示される縮小倍率を選択して下さい。

1. 画像取得状態の撮影画面上で右クリックし、”Zoom” → “Fixed Zoom”を選択して下さい。
2. 縮小倍率 → “1/8″, ”1/4″, ”1/2” が選択可能です。

画像全体が表示される縮小倍率を選択して下さい。

このFAQを別のページで表示する

StViewerを使って撮影画像の拡大、縮小はできますか?
更新日:
タグ:

StViewerの機能を使用して撮影画像を拡大・縮小することができます。
ただし、撮影中の画像のみ拡大・縮小可能で、保存画像は拡大・縮小されていない画像となります。

下記の手順で撮影画像の拡大、縮小ができます。

1. 画像取得状態の撮影画面上で右クリックし、”Zoom” → “Fixed Zoom”を選択して下さい。
2. 拡大 → “×8″,”×4″,”×2” 縮小 → “1/8″,”1/4″,”1/2” が選択可能です。
  用途に応じて倍率を選択して下さい。

このFAQを別のページで表示する

英語版のOSにSentech SDK Packageをインストールできません
更新日:
タグ:

Sentech SDK Packageのインストーラーが入っているフォルダに日本語文字や全角文字があるとインストーラーが
起動しません。
英語のフォルダ名に変更し、再度インストールを行って下さい。

このFAQを別のページで表示する

ネットワークカードのジャンボパケット設定方法を教えてください
更新日:
タグ:

ジャンボパケット設定は、デバイスマネージャー又はSentechSDKに含まれるStNICConfigソフトによって設定が
行えます。

以下、StNIICConfigでのジャンボパケット設定方法となります。

1.「C:\Program Files\OMRON_SENTECH\SentechSDK\Application」のフォルダ内にある
StNICConfig_x64.exeを起動して下さい。

DeviceManager1

2.NIC Configurationを選択して下さい。

DeviceManager1

3. Network interface cardのコンボボックスをクリックしジャンボフレームに対応したネットワークアダプタを
    選択して下さい。(今回は参考としてIntel® 82579LM Gigabit Network Connectionを選択する)

DeviceManager1

4. ジャンボパケットのコンボボックスをクリックしジャンボパケットを “9014バイト[9014]” に選択して下さい。
    その後OKをクリックして下さい。

DeviceManager1

5. 設定変更後は電源ケーブルを抜き差ししてカメラを再起動して下さい。

6. カメラの再起動後、Stviewerを起動してフレームレート・転送データ量を確認して下さい。

このFAQを別のページで表示する

SentechSDK, StViewerにおいてカメラパラメーターのタイプによる違いは何ですか?
更新日:
タグ:

GenICam規格により、カメラのパラメーターは以下のタイプに分けられます。

  IBoolean: True / Falseのいずれかを選択するパラメーター
  IInteger: Integer値を保存するパラメーター
  IFloat: Float値を保存するパラメーター
  IEnumeration: 選択肢から選択するパラメーター
  IString: 文字を保存するパラメーター
  ICommand: カメラに対してコマンドを実行するパラメーター

パラメーターのタイプによって制御方法が異なります。

パラメーターの制御方法は、AutoFunctionsやFeatureListサンプルコードを参考にして下さい。
StViewerのNodeMap中に表示されているカメラ設定を選択すると、NodeMap下部に設定の詳細及び
サンプルコードが表示されますので参考にして下さい。

このFAQを別のページで表示する

.NET Framework 4.0以降でSentechSDK (.NET) を使用してプログラムをビルドまたは実行すると、「混合モード アセンブリはバージョン ‘v2.0.50727’ のランタイムに対して作成されており、追加の構成情報がないと 4.0 ランタイムでは読み込めません。」というエラーが発生しました
更新日:
タグ:

SentechSDK (.NET) は、.NET Framework 2.0ベースで作成されている為、.NET Framework 4.0以降で
使用する場合、自動作成されるapp.config ファイルの置き換えが必要となります。

SentechSDK .NET SDKサンプルコードに含まれる.NET Framework 4.0対応のapp.configファイルにて
置き換えて下さい。

このFAQを別のページで表示する

1 2 3 5
カメラの選び方
  • ソフトウェアダウンロード
  • すべての質問
pagetop