FAQ

Other

StViewerの使い方を教えて下さい
更新日:
タグ:

Sentech SDK Packageをインストールしコピーされる、
C:\Program Files\OMRON_SENTECH\SentechSDK\Development\Doc\StApi\StApi_Jpn.chm ファイル内の、
Windows用サンプルプログラム – C++ – Stviewerに記載されている内容と同様の内容になります。

※インストールタイプを「Complete」に設定すると、Development以下のフォルダがコピーされます。
「Typical」ではコピーされません。

StViewer

ビューワーアプリケーションです。

カメラ選択ウィンドウ

StViewer を起動すると、下記のようなカメラ選択ウィンドウが開きます。

カメラ選択ウィンドウ

DeviceManager1

カメラが使用可能な状態にある場合は、「カメラを選択後に[OK]ボタンをクリック」もしくは「カメラをダブルクリック」によりカメラをオープンできます。

カメラ選択ウィンドウ(カメラ使用可能)

DeviceManager1

カメラが使用できない場合は、カメラを選択しても[OK]ボタンが有効になりません。
下記の例では、選択されたGigEVisionカメラとPCが異なるセグメントにあるため、カメラをオープンできません(※)。

カメラ選択ウィンドウ(カメラ使用不可)

DeviceManager1

※ StViewerでは同一セグメント内のカメラのみ対象としています。
[Set IP Address]ボタンをクリックすると、下記の画面が表示され、
選択されたGigEVisionカメラのIPアドレスを設定できます。

IPアドレス設定

DeviceManager1

メインウィンドウ

カメラをオープンすると下記のようなウィンドウが表示されます。


DeviceManager1

メインウィンドウ
DeviceManager1

画像表示ウィンドウ(Image display window)

取得した画像が表示されます。

ノードマップ表示ウィンドウ(NodeMap display window)

カメラなどの設定に使用されるウィンドウです。GenICam対応カメラやStApiのモジュールでは、実装されている機能がXMLファイルに記述されており、それを基に生成したノードマップから機能の設定や確認が可能です。StViewerのノードマップ表示ウィンドウには、下記のノードマップが表示されます。

DeviceManager1

ノードマップ表示ウィンドウ
DeviceManager1

DeviceManager1

Polling にチェックを入れると、定期的に表示がリフレッシュされるようになります。 Visibility では、表示する設定項目のレベルを Beginner, Expert, Guru の3つから選択します。 Guru を選択するとすべての設定項目が表示されます。 ノードマップ表示ウィンドのNodeMapエリアで選択したノードに対する説明書きやサンプルプログラムが、Descriptionエリアに表示されます。

出力ウィンドウ(Output Window)

カメラのオープンクローズなどのログが表示されます。

このFAQを別のページで表示する

カメラのフォーカスが合いません
更新日:
タグ:

カメラのレンズマウントに合ったレンズを使用しているか確認して下さい。
CマウントのカメラにCSマウントのレンズを取り付けてもフォーカスを合わせることはできません。
CSマウントのカメラにCマウントのレンズを取り付ける場合、
5mmの変換リング(変換アダプタ)を使うことでフォーカスを合わせることが可能です。

* 変換リングを使用しても、機構上取り付けられないCマウントレンズが一部あります。

このFAQを別のページで表示する

エッジ・プリセットトリガ、パルス幅トリガの違いは何ですか?
更新日:
タグ:

どちらもトリガによる露光、画像取得動作となりますが、
エッジ・プリセットトリガでの露光時間は「電子シャッタ時間」設定になり、
パルス幅トリガでの露光時間は「トリガ信号の有効パルス幅」となります。

このFAQを別のページで表示する

グローバルシャッタ、ローリングシャッタの違いは何ですか?
更新日:
タグ:

グローバルシャッタは全ての画素に対して、同タイミングでシャッタを切る方式です。

ローリングシャッタはブロック毎の画像に対して、シャッタを切る方式です。
そのため、各ブロックにて時間のずれが生じるため、対象物が動く場合、画像に歪みが生じます。
対象物が動く場合、グローバルシャッタの利用を推奨します。

このFAQを別のページで表示する

PCI Express 2.0 (Gen2), PCI Express 3.0 (Gen3) の違いは何ですか?
更新日:
タグ:

PCI Express 2.0 (Gen2), PCI Express 3.0 (Gen3) では、1レーンあたりの物理帯域が異なります。
PCI Express 2.0 (Gen2): 5 Gbps
PCI Express 3.0 (Gen3): 8 Gbps

PCI Express 3.0 (Gen3) 仕様のCoaXグラバーボード、USB3.0拡張ボードを、
PCI Express 2.0 (Gen2)レーンに取り付けて、カメラを使用すると、
帯域の制限 (8 Gpbs → 5 Gbps) の影響によりフレームレートの低下等につながります。
PCI Express 3.0 (Gen3) 仕様のボードは、PCI Express 3.0 (Gen3) 以上のレーンに取り付けて下さい。

このFAQを別のページで表示する

フリーラン動作とトリガ動作の違いは何ですか?
更新日:
タグ:

フリーラン動作は露光、画像出力を自動的に連続で行い、
トリガ動作はトリガ信号入力のタイミングで露光、画像出力を行います。

フリーラン動作では、カメラ内部タイミングにより連続的に露光、画像取得を行う為、
キャプチャ機能で画像取得すると、実際に取得したいタイミングと異なる画像が
取得される可能性があります。

トリガ動作では画像を取得したいタイミングでトリガを入力し、露光及び画像取得が行えます。

StViewer、eBUSPlayerでは、以下の手順にて、フリーラン動作, トリガ動作を設定できます。
()内はeBUSPlayerでの表記です。

・フリーラン動作
画像取得停止状態で、RemoteDevice (DeviceControl) → AcquisitionControl → TriggerMode → “OFF” に
設定して下さい。
カメラの初期設定は、フリーラン動作となっています。

・トリガ動作
画像取得停止状態で、RemoteDevice (DeviceControl) → AcquisitionControl → TriggerMode → “ON” に
設定して下さい。
トリガ機能 (ソフトウェアトリガ, ハードウェアトリガ) は
RemoteDevice → AcquisitionControl → TriggerSource にて選択して下さい。

このFAQを別のページで表示する

デバイスマネージャーの開き方を教えてください
更新日:
タグ:

下記の手順でデバイスマネージャーを開けます。

Windows 7 の場合

1.Windows のスタートをクリックします。

2.コンピューターを右クリックします。

3.プロパティー(R)をクリックします。


DeviceManager1

4.表示されるシステムのウィンドウで、デバイスマネージャーをクリックします。


DeviceManager1

5.デバイスマネージャーが開きます。


DeviceManager1

Windows 10 の場合

1.Windowsボタンをクリックします。

2.PCと検索します

3.PCを右クリックします。

4.プロパティーをクリックします。


DeviceManager1

5.表示されるシステムのウィンドウで、デバイスマネージャーをクリックします。


DeviceManager1

6.デバイスマネージャーが開きます。


DeviceManager1

このFAQを別のページで表示する

CマウントとCSマウントの違いは何ですか?
更新日:
タグ:

CマウントとCSマウントはフランジバック (カメラとレンズのマウント面 (接触面)) から、
撮像素子面までの距離)が異なります。

Cマウント規格
内径: 25.4 mm
ネジピッチ: 0.794 mm
フランジバック: 17.526 mm

CSマウント規格
内径: 25.4 mm
ネジピッチ: 0.794 mm
フランジバック: 12.5 mm

CマウントレンズをCSマウントのカメラに取り付けて使用するには、5mmの変換リングを取り付ける必要が
あります。
CSマウントレンズをCマウントのカメラに取り付けた場合、焦点が合わない為、使用することができません。

レンズ選定時は、カメラのレンズマウントを確認の上、選定して下さい。

このFAQを別のページで表示する

カメラの選び方
  • ソフトウェアダウンロード
  • すべての質問
pagetop