FAQ

すべての質問

デバイスマネージャーの開き方を教えてください。

下記の手順でデバイスマネージャーを開けます。

Windows 7 の場合

1.Windows のスタートをクリックします。

2.コンピューターを右クリックします。

3.プロパティー(R)をクリックします。

DeviceManager1

4.システムのウィンドウが開くので、デバイスマネージャーをクリックします。

DeviceManager2

5.デバイスマネージャーが開きます。

DeviceManager3

 

このFAQを別のページで表示する

ジャンボフレームの設定方法を教えてください。

GigEカメラを使用するにはネットワークアダプターのジャンボパケットを9,000バイト以上に設定する必要があります。この設定が表示されないネットワークアダプターはジャンボパケットに対応していないと考えられます。ジャンボパケットを設定しないとフレームレートが遅くなったり映像が表示されないなどカメラ本来のパフォーマンスが発揮されませんので必ず設定の確認をしてください。

以下の手順で、Junbo Packet / ジャンボパケットの設定が出来ます。(キャプチャ画像は代表例です。)

( Jumbo Frame ・ジャンボフレーム は同じ意味です。)
1.デバイスマネージャーを開きます。 (→ デバイスマネージャーの開き方を教えてください。

2.ネットワークアダプタからGigEカメラを接続するネットワークカードを選択します。

3.右クリック -> プロパティ を選択します。

JumboPacked1

4.「詳細設定」タブにある設定(S)の「ジャンボパケット」を選択します。

5.「値(V)」を9,000バイト以上に設定します。

JumboPacked2

6. 「OK」をクリックし、デバイスマネージャーを終了します。

 

このFAQを別のページで表示する

標準モデルからPoEモデルへ切替えるときの注意点を教えてください。
更新日:
タグ: , , , ,

新PoEモデル標準モデルでは出力IOの回路が異なります。標準モデルでは出力回路にカメラ内部でプルアップ抵抗とプルアップ電源が設けられていましたが、新PoEモデルではこれらが無くなりましたので、ユーザー様でカメラ外部に設ける必要があります。標準モデルから新PoEモデルへ切替えられるユーザー様はご注意ください。

上記の変更により、標準モデルではIOの出力がオシロスコープで観測出来ましたが、新PoEモデルでは外部からプルアップ電圧を加えないとオシロスコープで確認しても何も観測されません。

この変更はユーザー様で必要なドライブ能力を考慮してプルアップ部分の設計が出来るメリットがあると考え、新PoEモデルの出力IOをこのように変更しました。

詳しくは下記のPDFをご確認ください。

 

日本語: TechNote_GigE07_GigExPoE_Comparison_JP_Rev1.0

英語: TechNote_GigE07_GigExPoE_Comparison_EN_Rev1.0

 

このFAQを別のページで表示する

カメラの設定を初期状態に戻す方法を教えてください。
更新日:
タグ:

下記のPDFファイルをご確認ください。初期設定に戻す方法が記載されております。

 

日本語: TechNote_GigE01_GigEカメラ出荷データ復帰手順書_Rev1.0-1

English: TechNote_GigE01_Load_Factory_Default_EN_Rev1.00

 

このFAQを別のページで表示する

UniversalProドライバを使用時に映像フレーム間隔が長い場合(例えば、トリガーの間隔が長い)、映像が取り込めない場合があります。
更新日:
タグ: , , ,
トリガーモード時に映像に横線ノイズが入ります。

・現象
トリガーモード時に映像に水平ノイズが入ってしまう。

H-Reset_Horizontal_Noise

・原因
イメージセンサーから映像が出力されている期間にトリガーが入力され次の露光が開始されると、映像にノイズが乗ってしまう現象です。

・対策
カメラのトリガ露光開始モード[12H4-3]で[2]水平同期トリガモードを選択します。 水平同期トリガモードにすると、入力されたトリガー信号のタイミングを自動的に水平ブランキング期間にずらし、ノイズの映像への混入を防ぎます。 水平同期トリガモードにする方法は、カメラリンクカメラ通信ソフトのCLCtrlもしくはCLCtrl2から、トリガ露光開始モード[12H4-3]で[2]水平同期トリガモードを選択します。

・注意事項
水平同期トリガモードではトリガーと露光開始タイミングに最大1H分のバラつきが発生いたします。
機種によっては「水平同期トリガモード」を「H-RESETトリガモード」と表記してる機種がありますが同じ機能です。

 

このFAQを別のページで表示する

STC-HD133DV カメラのプリセット間のデータはコピーは可能でしょうか?
更新日:
タグ: , , ,

例えば、”preset00″ の調整値を “preset10” にコピーをする場合には以下の操作を行ないます。

 

  1. 通信ソフト(HDCtrl133)のメニューの “preset0 0″ の時に、”File” -> “Save as[DSP’s EEPROM]… ” で設定をファイルに保存します。
  2. “preset10” にして、メニューの “File” -> “Open[DSP’s EEPROM]…” で先ほど保存したファイルを選択します。
  3. カメラの電源をオン・オフします。

 

このFAQを別のページで表示する

GigEカメラの SCPD (Stream Channel Packet Delay) のおおよその計算方法について教えてください。
更新日:
タグ: , , ,

STC-GE33Aで画像サイズを 640×480 8bit 設定とした場合、1フレームのデータサイズは 307,200byte です。

1パケット 8KB の画像データを送るとした場合は 1フレーム 39パケットとなり、STC-GE33A のFVALのON時間が約11msなので
1パケットあたりの転送時間は 11ms / 39 = 282us

また、1パケット 8KB の転送時間は理論値で 8KB / 125MB/s = 64us となります。
なので、ブランキング期間は218usとなり
64 + 218 + 64 + 218 + …… を繰り返して11msで1フレームを形成しています。

例えば、50fpsに設定した場合、1フレームに与えられる時間は20msなので
1パケットに与えられた時間は 20ms / 39 = 512us となり
64 + 448 + 64 + 448 + …… を繰り返して 20ms で1フレームを形成することができます。
この時の 448us が GevSCPD の最大設定値と考えることができます。

※この計算は正確ではなくあくまでアバウトですが、近い値になります。
※1Gbps(125MB/s)はあくまでも理論値です。実際には900Mbpsぐらいで計算した方が良いです。

 

このFAQを別のページで表示する

バッテリーの充電時間、使用時間を教えてください。
更新日:
タグ:

V55本体:4時間充電、4時間使用
V70モニター:5~6時間充電、4~6時間使用

 

このFAQを別のページで表示する

防水機能はどのくらいでしょうか?
更新日:
タグ:

プローブ部分のみ防水型IP57規格品です。
本体は対応していません。

 

このFAQを別のページで表示する

1 19 20 21 22 23 24
カメラの選び方
  • ソフトウェアダウンロード
  • すべての質問
pagetop