FAQ

すべての質問

画面がフリーズしました。(V55)
更新日:
タグ:

針状の絶縁材料でRESET穴を押してください。電源がオフになりますので、再起動すると直ります。

対象製品:V55

 

このFAQを別のページで表示する

電源入力後、字幕表示はあるものの映像が映りません。
更新日:
タグ:

プローブの接続を確認して本体を再起動してください。

 

このFAQを別のページで表示する

1台のパソコンに何台のUSBカメラを接続できますか?
更新日:
タグ: , ,

使用方法や使用環境により左右されるので、一概には言えませんが、同時に映像を取得せず切り替えて使用する場合は、多数のカメラを接続することができます。同時に映像を取得する場合、パソコンの処理速度やUSBの転送速度の限界により映像が取得できなくなることがあります。

パソコンに十分な性能があっても、USBの転送速度に限界があるため、60FPSで接続できるVGAカメラの台数は通常最大2台までです(最新のEnhanced Controllerが2つあるPCでは最大4台接続できることもあります)。

フレームレートが低くても支障がない場合は、カメラの動作速度を遅くすることにより、3台以上のカメラを使用することができます。(Clockを1/2, 1/4などに設定することによりフレームレートを遅くします。)

フレームレートを維持したい場合は、USBバスのPCI拡張ボードを使用し、接続するカメラを本体とボードそれぞれに分散させることで改善することがあります。(デスクトップPCの場合、PCIスロットもしくはPCI Expressスロットに挿すタイプのUSBポート増設カードを利用します。ノートPCの場合はExpressCardに挿すタイプのUSBポート増設カードがあります。)

 

USB3.0ポート増設カード例(※動作を保証する物ではございませんのでお使いのPCで動作検証を行なって下さい。)

種類 ホストコントローラーの数 ポート数 接続スロット メーカー名 製品名/型名
USB3.0 4 4ch PCI Express x4 Lane アバールデーター APX-3424
USB3.0 4 4ch PCI Express x4 Lane 玄人志向 USB3.0RX4-P4-PCIE (メーカーサポートが無いので推奨はいたしません。)
USB3.0 1 4ch PCI Express x1 Lane バッファロー IFC-PCIE4U3S
USB3.0 1 2ch PCI Express x1 Lane バッファロー IFC-PCIE2U3S2
USB3.0 1 2ch ExpressCard バッファロー IFC-EC2U3/UC2

 

また、USB3.0ホストコントローラーに接続しても、USB2.0カメラは従来の速度(High Speed)で動作します。そのため、接続できる台数が10倍になるわけではありませんのでご注意ください。

 

このFAQを別のページで表示する

関連するFAQ

USB3.0カメラで動作確認済みのUSB3.0ホストコントローラーの情報はありますか?

CLCtrl2ソフトウェアの仮想COMポートを64-bit環境で使用すると「指定されたファイルが見つかりません。(No. 0x00000002)」というエラーメッセージが表示されてしまう。
更新日:
タグ:

64-bit環境で仮想COMポートを使用する場合、ボードによって管理者権限が必要になる場合があります(例: Euresys製ボード)。この場合、CLCtrl2を管理者権限で実行させる必要があります。

CLCtrl2をインストールしたフォルダーにある「CLCtrl2.exe」を右クリックし「管理者として実行」を選択してください。

Windwows 7 64-bit の場合は、”C:\Program Files\Sentech\CLCtrl2\”にあります。

もしくは、 CLCtrl2のショートカットを右クリックし、プロパティーで表示される画面から、CLCtrl2.exeが何処にあるか分かります。

CLCtrl2_Property

 

このFAQを別のページで表示する

OSの言語と異なる言語のマニュアルやソフトウェアがインストールされてしまう。

弊社のインストーラーは日本語のOSにインストールした場合、日本語の表記のソフトウェアと、ドキュメントがある場合は、日本語のドキュメントがインストールされます。日本語以外の言語の場合には英語表記のソフトウェアと英語のドキュメントがインストールされます。

これはインストール時にOSのシステムロケールの設定から判別しています。

もし、OSの言語とインストールされるソフトウェアの表記やドキュメントが異なる言語であった場合、下記のリンクを参考にしてシステムロケールの設定をご確認ください。

システム ロケールを変更する
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-vista/change-the-system-locale

 

このFAQを別のページで表示する

StGigE-Package v1.xxのサンプルコードを参考にして作成したプロジェクトコードをStGigE-Package v2.xxのSDKでコンパイルするとエラーが発生する。
更新日:
タグ:

PvBuffer::GetWidth(), PvBuffer::GetHeight(), PvBuffer::GetPixelType() はPvImageクラスに移動しました。
PvBuffer::GetImage() で PvImageクラスを取得してから、vImage::GetWidth(), PvImage::GetHeight(), PvImage::GetPixelType()を行ってください。
PvDevice::ResetStreamTimeoutCounter() は無くなりましたので削除してください。

このFAQを別のページで表示する

プログラムのデバッグでブレークポイント(break point)を設定するとカメラとの通信が途絶えてしまう。
更新日:
タグ: ,
GigE Vision™の仕様で、システム全体は正常に動作している場合、カメラとPCは一定間隔で通信をする決まりになっています。カメラは常にPCから、heartbeat信号をもらいっています。一定時間以上、heartbeat信号をもらえない場合、カメラ側が通信を切断します。(カメラはConnectionをCloseして、PCからの新しいConnectionを待ちます。)

 

ソフトウェアのデバッグの際にBreakout Pointの設定などにより、カメラとの通信がこの間隔を超えて出来ないと、カメラは通信を切断してしまいます。

 

このheartbeat信号の待ち時間は「GevHeartbeatTimeout」で定義されています。GevHeartbeatTimeout という名前のパラメータでカメラとCPの通信間隔を設定します。詳しくは、ドキュメント GenICam_SFNC_2_0_0 の226ページをご覧ください。デフォルト値は5000mSです。カメラは、5000mS以上の時間で、heartbeat信号をもらえない場合、ConnectionをCloseします。
GEVPlayerでのDevice Control の設定画面でもこの項目を変更できます。

 

GevHeartbeatTimeout

 

GevHeartbeatTimeoutはConnect時に5000で設定されます。GEVPlayerで値を保存しても、次のConnect時には5000に設定しなおされますので、プログラム上ではConnect後に値を設定しなおす必要があります。
【質問】
信号待機時間が過ぎても Disconnect されない方法はありますか?
【回答】
信号待機時間を過ぎると必ず、Disconnctされてしまうので、この間隔を長く設定するしか方法はありません。
動作確認済みの RS232-USB コンバーターを教えてください。
更新日:
タグ:

Buffalo製
BSUSRC06シリーズ
Windows 7 64bit にも標準で対応しているのでお奨めです。

下記のカメラで使用します。

 

このFAQを別のページで表示する

モニタタイプハンドコントローラーV55の電源を入れても画面が起動しません。
更新日:
タグ:

バッテリーが無い状態で電源を入れると画面が立ちあがらないか、すぐに電源がオフになり画面が消えます。バッテリーを充電してから使用するか、ACアダプターを使用してください。

 

このFAQを別のページで表示する

ヘルプファイルが開けません。
更新日:
タグ:

Windows7ではセキュリティーの為、ダウンロードしたヘルプファイルが開けないことがあります。次の手順でブロックを解除することで開けるようになります。

また、ネットワークドライブに保存してあるヘルプファイルも開けないことがありますので、この場合は、デスクトップなどのローカルの場所にヘルプファイルを保存してから開いて下さい。

 

[現象]

"開く(O)" をクリックします。

ダウンロードしたヘルプファイルを”開く(O)”をクリックします。

 

ヘルプファイルを実行しても、内容が表示されません。

ヘルプファイルを実行しても、内容が表示されません。

 

[ブロックの解除方法 その1]

"このファイル開く前に常に警告する(W)"のチェックを外します。

“このファイル開く前に常に警告する(W)”のチェックを外してから、”開く(O)”をクリックします。

 

[ブロックの解除方法 その2]

ヘルプファイルのアイコンを右クリックして、プロパティーを選択します。

ヘルプファイルのアイコンを右クリックして、プロパティーを選択します。

 

"ブロックの解除(K)" をクリックします。

“ブロックの解除(K)” をクリックします。

 

"OK" をクリックします。

“OK” をクリックします。

 

ヘルプファイルを実行すると、内容が表示されます。

ヘルプファイルを実行すると、内容が表示されます。

 

このFAQを別のページで表示する

1 20 21 22 23 24
カメラの選び方
  • ソフトウェアダウンロード
  • すべての質問
pagetop