FAQ

USB2.0

USB2.0カメラのフレームレートを下げて使用したいです
更新日:
タグ:

下記手順にてフレームレートを「1/2」「1/4」に下げて使用することができます。
* USB3Visionカメラのように上記以外の任意のフレームレートで使用することはできません。

1.StCamSWare起動
2.メニューの「オプション」タブ→「設定」を選択し、設定画面の「詳細設定」を選択
3.「その他」タブを開き、「クロック」を「1/2」または「1/4」に設定

このFAQを別のページで表示する

USB2.0でトリガ動作モードに設定する方法を教えて下さい
更新日:
タグ:

USB2.0カメラでトリガ動作モードに設定する場合、Trigger SDK又は、Trigger SDK付属ソフトを使用して下さい。
下記手順にてTrigger SDKに付属しているStTrgDisplayVC2005ソフトにてトリガ動作モードの設定が行えます。

1.StTrgDisplayVC2005.exe を起動して下さい。

※StCamSWareが起動している場合、StCamSWareを終了して下さい。

64bitOSの場合
\StCamUSBPack_JP\StCamUSBPack_JP_170510\3_SDK\TriggerSDK(v3.09)\bin\x64\StTrgDisplayVC2005.exe を起動

32bitOSの場合
\StCamUSBPack_JP\StCamUSBPack_JP_170510\3_SDK\TriggerSDK(v3.09)\bin\x86\StTrgDisplayVC2005.exe を起動

2.「Mode」→「Setting」→「Trigger Mode」にて“Trigger Mode”を”On”に設定して下さい。

3.「Trigger Source」にてハードウェアトリガまたはソフトウェアトリガを設定して下さい。

Software ・・・ソフトウェアトリガ
Hardware・・・ハードウェアトリガ

このFAQを別のページで表示する

USB2.0のカメラを、USB3.0ポートに接続して使用できますか?
更新日:
タグ:

USB2.0のカメラをUSB3.0ポートに接続しても使用できます。
但し、カメラはUSB2.0カメラのため、USB2.0での動作となります。
(USB3.0ポートに接続してもUSB2.0の性能を越えて高速動作させる事はできません)

このFAQを別のページで表示する

StCamSWareにてフレームレートを確認する方法を教えて下さい
更新日:
タグ:

フレームレートは下記手順にて確認できます。

1. メニューバーの“オプション” – “コールバック”を選択して下さい。
2. コールバック設定画面が表示されるので右側の“FPS”を選択し、“<-有効”ボタンを選択して下さい。

フレームレートが右上にFPS:_で表示されます。

このFAQを別のページで表示する

USB/GigE Visionカラーカメラで取り込んだ画像が緑がかっている
更新日:
タグ:

USB / GigE Vision カメラーカメラは、ベイヤー配列のセンサーを搭載しています。
ホワイトバランスOFF設定時やホワイトバランス設定が適切でない場合、
取り込んだ画像が、緑がかっている画像になる場合があります。
下記手順にて、ホワイトバランス調整を行ってください。

以下、StViewerでのホワイトバランス調整方法です。(USB3 Vision, GigE Vision)

1. 画像取得を停止した後、RemoteDevice → AnalogControl → Balance White Autoにて
「Once」または「Continuous」を選択して下さい。

「Once」→ 一度のみホワイトバランスを自動調整
「Continuous」 → 継続してホワイトバランスを自動調整

以下、StCamsWareでのホワイトバランス調整方法です。(USB3 Vision, USB3.0, USB2.0)

1.「オプション」タブ → 「設定」 → 「詳細設定」 を選択して下さい。
2.「ホワイトバランス」タブを選択し、「ホワイトバランスモード」の、
「マニュアルWB」,「AWB」,「ワンショットAWB」のいずれかを選択して下さい。

「マニュアルWB」 → 手動でホワイトバランスを調整
「AWB」→ 継続してホワイトバランスして自動調整
「ワンショットAWB」→ 一度のみホワイトバランスを自動調整

このFAQを別のページで表示する

StCamSWareを使って撮影画像の拡大、縮小はできますか?
更新日:
タグ:

StCamSWareの機能を使用して撮影画像を拡大・縮小することができます。
ただし、撮影中の画像のみ拡大・縮小可能で、保存画像は拡大・縮小されていない画像となります。

下記の手順で撮影画像の拡大、縮小ができます。

1. 画像取得状態でメニューの”オプション” → “サイズ”を選択して下さい。
2. 拡大 → “×8″,”×4″,”×2” 縮小 → “1/8″,”1/4″,”1/2” が選択可能です。
  用途に応じて倍率を選択して下さい。

このFAQを別のページで表示する

StCamSWareの描画機能を使用して、簡易計測は行えますか?
更新日:
タグ:

描画データのデフォルトの長さ単位は ”Pixel” (画素数) ですが、長さ単位を ”mm” に変更し、
表示画像上 1pixel = xx mm かが分かれば、”1/xx” を横方向ピクセルサイズ、縦方向ピクセルサイズに設定する
ことにより、簡易計測が行えます。

このFAQを別のページで表示する

StCamSWareを使用した描画データ付き画像を保存する方法を教えて下さい
更新日:
タグ:

描画データ付き画像を保存する場合、画像上に描画を表示した状態で
メニューの ”描画” → ”描画プロパティ” を選択し、描画プロパティ画面の全般タブの下部にある、
”スナップショットへの描画” にチェックを入れると、キャプチャ機能による画像取得時に描画データ付きの画像が
取得、保存できます。

このFAQを別のページで表示する

StPowerCtrlの”省電力設定有効の”チェックマークを外すとどういった制御になりますか?
更新日:
タグ:

StPowerCtrlの ”省電力設定有効” のチェックマークを外すとPCの省電力モードがOFFになります。
CPUがC2ステートにならないようにレジストリの設定を変更し、USBカメラに安定して電力供給し、安定使用が
できるようになります。
CPUがC2ステートにならない為、CPU稼働率の増加及び増加によるシステムの発熱増加等の可能性があります。

StPowerCtrlの ”省電力設定有効” のチェックマークを入れるとPCの省電力モードがONになります。
システム稼働状況により、CPUがC2ステートになる場合があります。
C2ステートになるとUSBカメラに安定して電力供給ができなくなり、フレームレートが下がる等、
カメラ性能に影響が出る場合があります。

このFAQを別のページで表示する

StCamSWareにて動画保存する際の注意事項はありますか
更新日:
タグ:

動画ファイル作成時、撮影画像の表示が動画ファイル作成終了時まで停止することがあります。

撮影画像の表示が停止しても、動画の保存は行われます。
撮影画像の表示が停止するのを防ぐ対策として、フレームレートを下げて書き込み量を減らす、
SSDなど書き込み速度の速い場所へ保存する等、必要に応じて対策して下さい。

このFAQを別のページで表示する

1 2 3
カメラの選び方
  • ソフトウェアダウンロード
  • すべての質問
pagetop