DVI/SDIカラーカメラで取り込んだ画像が緑がかっている


DVI / SDI カラーカメラは、ベイヤー配列のセンサーを搭載しています。
ホワイトバランスOFF設定時やホワイトバランス設定が適切でない場合、
取り込んだ画像が、緑がかっている画像になる場合があります。
下記手順にて、ホワイトバランス調整を行ってください。

STC-HD93DV/SDI、STC-HD133DV/SDI

・OSDでのホワイトバランス調整
1. カメラにコントローラーを接続し、「MEMU」を選択して下さい。
2. OSD PAGE2の “WB” にて、「MANUAL」または「AUTO」を選択して下さい。

「MANUAL」 → 手動でホワイトバランスを調整
「AWB」→ 継続してホワイトバランスを自動調整

・通信ソフトでのホワイトバランス調整

1. カメラに JIG-USB-HD を接続し、HD133Ctrlを起動して下さい。
2. “Read ALL” を選択して下さい。
3. “DSP:WB” タブを選択して下さい。
4. “ホワイトバランスモード“ にて「固定」または「AWB」を選択して下さい。

「固定」 → 手動でホワイトバランスを調整
「AWB」→ 継続してホワイトバランスを自動調整

STC-HD203DV/SDI

・OSDでのホワイトバランス調整
1. カメラにコントローラーを接続し、「MEMU」を選択して下さい。
2. OSD PAGE2の “WB MODE” にて、「AWB」,「FULL OPEN」,「AWB HOLD」,「USERMODE」のいずれかを
    選択して下さい。

「AWB」 → 手動でホワイトバランスを調整
「FULL OPEN」→ 継続してホワイトバランスして自動調整 (オートと比較して白への引き込みが強い)
「AWB HOLD」→ 現在のホワイトバランス値を保持
「USERMODE」→ 手動でホワイトバランスを調整

・通信ソフトでのホワイトバランス調整

1. カメラに JIG-USB-HD を接続し、JTACtrlを起動して下さい。
2. “Read ALL” を選択して下さい。
3. “DSP:WB” タブを選択して下さい。
4. “ホワイトバランスモード“ にて「オート」,「フルオープン」,「AWBホールド」,「USERモード」のいずれかを
    選択して下さい。

「オート」 → 継続してホワイトバランスして自動調整
「フルオープン」→ 継続してホワイトバランスして自動調整 (オートと比較して白への引き込みが強い)
「AWBホールド」→ 現在のホワイトバランス値を保持
「USERモード」→ 手動でホワイトバランスを調整

このFAQを別のページで表示する