よくある質問

Power Plus

ユーザーFPGA搭載 GigEカメラのユーザーFPGAのデータを保護できますか?
更新日:
タグ: , , , , ,

ユーザーFPGA搭載 GigEカメラ (Power Plusモデル)に搭載しているFPGA(Xlilinx社: XC3SD1800A)では暗号化には対応していませんが、セキュリティ機能として Device DNAに対応しており、ベンダーはこの機能を推奨しております。

Device DNAは個々のFPGAで異なったシリアル番号であり、読み出し回路をインプリメントすることでそのシリアル番号を読み出せます。

ユーザーはそのシリアル番号を入力または、あらかじめ記憶させたROMなどから読みだすなどしないと内部回路が動作しない仕組みを作成すればセキュリティ機能として動作できると考えております。

Device DNAについては、ベンダーから j_wp266.pdf が配布されていますのでそちらをご参照ください。

また、弊社が提供しているサンプルプロジェクトにも、Device DNA を読み出して画面に表示させる機能を搭載しています。
詳しくは、下記のPDFの4ページを参照ください。

 

日本語: User_FPGA_XILINX_Sample_JP_Rev1.07
English: User_FPGA_XILINX_Sample_EN_Rev1.07

 

対象製品: ユーザーFPGA搭載 GigEカメラ (Power Plusモデル)

 

このFAQを別のページで表示する

カメラの選び方
  • ソフトウェアダウンロード
  • よくある質問
pagetop