FAQ

Camera Link

Camera Linkカメラを10TAP / 85MHz設定, 5mケーブルで使用すると取り込みエラーが発生します
更新日:
タグ:

10TAP / 85MHzで使用する場合、下記のように使用ケーブルに制約があります。

1.”3m”以下のケーブルを使用する
2.”5m”以上のケーブルが必要な場合は、高性能ケーブルを使用する

上記のようなケーブルの制約での使用が難しい場合は、
カメラからの伝送速度を下げて使用する必要があります。
(10TAP / 66MHz 以下での動作)

このFAQを別のページで表示する

Camera Linkカメラの設定を工場出荷設定 (初期設定) に戻す方法を教えて下さい
更新日:
タグ:

CLCtrl2を使用して、工場出荷設定 (初期設定) に戻すことができます。

下記の手順で、工場出荷設定 (初期設定) に戻すことができます。

1. CLCtrl2 を起動し「全読込」を選択して下さい。
2.「全読込」完了後、「Factory -> EEPROM」を選択して下さい。
3. 「EEPROM -> Register」を選択して下さい。
  * 「EEPROM -> Register」を選択しない場合、再起動時に工場出荷設定 (初期設定) で起動します。

このFAQを別のページで表示する

通信ソフト CLCtrl2 のポート設定で使用中のボードに対応したカメラリンクAPIが表示されません
更新日:
タグ: , ,

ポート設定画面で表示されるDLL(カメラリンクAPI)は、CLCtrl2が検出した「clserxxx.dll」ファイルのみです。
ボードメーカーのソフトウェアを正常にインストールしてもDLLが検出されないことがあります。

ポート設定画面でボードが検出されない場合は、CLCtrl2.exeが存在するフォルダへ「clserxxx.dll」をコピーし、
再度、ポート設定画面を開いて下さい。

CLCtrl2.exeの存在するフォルダは、CLCtrl2のショートカットを右クリックをして
プロパティーで表示される画面から確認が出来ます。

CLCtrl2_Property

CLCtrl2のインストール先を変更しなかった場合、CLCtrl2.exeの存在するフォルダは
C:\Program Files\Sentech\CLCtrl2 になります。

DLLファイルをコピーする際に、以下に注意して下さい。

  • ボードメーカーのドライバをバージョンアップした場合は、DLLも新しいバージョンのものへ
    置き換えて下さい。
  • CLCtrl2(x86)には32ビット(x86)用のDLLを、CLCtrl2(x64)には64ビット(x64)用のDLLを
    使用して下さい。

 
次の表はボードメーカー各社のDLL(カメラリンクAPI)のファイル名です。詳細は各ボードメーカーに確認下さい。

ボードメーカー DLL(カメラリンクAPI)ファイル名
Euresys clseremc.dll
Matrox clsermtx.dll
BitFlow clserbit.dll
Coreco clsercii.dll
Cam2Net clserc2n.dll
National Instruments clsernat.dll

このFAQを別のページで表示する

Camera Linkカメラにおいて、TAPコンフィグレーションの違いによりフレームレートの違いはどのくらいありますか?
更新日:
タグ:

TAPコンフィグレーション数に比例して、フレームレートが上がります。

ビット数が同じとした場合、フレームレートの違いの目安は以下となります。

TAP数 フレームレート
2TAP 1TAP時の約2倍
3TAP 2TAP時の約1.5倍
4TAP 3TAP時の約1.3倍
8TAP 4TAP時の約2倍
10TAP 8TAP時の約1.25倍

1TAP, 2TAP, 8bits 3TAPは、Camera Linkケーブル1本接続となります。
10bits 3TAP, 12bits 3TAP, 4TAP, 8TAP, 10TAPは、Camera Linkケーブル2本接続となります。

このFAQを別のページで表示する

Camera Linkカメラのカメラファイルはどこから入手できますか?
更新日:
タグ:

Camera Linkボードメーカーから入手できます。

Camera Linkボードメーカーはカメラが持つ全ての動作モードに対してカメラファイルを準備していない場合があります。
Camera Linkボードメーカーから必要なカメラファイルが入手できない場合は弊社まで問い合わせ下さい。

このFAQを別のページで表示する

Baseコンフィグレーションは何TAPですか?Fullコンフィグレーションは何TAPですか?
更新日:
タグ:

Baseコンフィグレーションは8bit画像時1 ~ 3TAPとなります。
Fullコンフィグレーションは8bit画像時8TAPとなります。

このFAQを別のページで表示する

Camera Linkカメラのフレームレートを上げる方法はありますか?
更新日:
タグ:

画像解像度を変更せずにフレームレートを上げるには、TAP数を増やした構成にする必要があります。
(2TAPの場合、3TAPに変更、4TAPの場合、8TAPに変更等)

ROI機能を使用し、フル解像度の一部分を切り出すことにより、フレームレートを上げることができます。

このFAQを別のページで表示する

Camera LinkカメラのTAPコンフィグレーションの違いにより、使用上、どんな違いがありますか
更新日:
タグ:

TAPコンフィグレーションによって画像転送速度 (フレームレート) が異なります。

TAP数が増えるほど、画像転送速度 (フレームレート) は高速になりますが、
TAP数に応じた機器 (Camera Linkボード、Camera Link ケーブル) が必要となります。

Medium / Full コンフィグレーションでカメラを使用する場合、Fullコンフィグレーション対応の
Camera Linkボード、Camera Linkケーブル2本、カメラファイル及びカメラ設定が必要となります。

Decaコンフィグレーションでカメラを使用する場合、80bit対応のCamera Linkボード、Full対応の
Camera Linkケーブル2本、Deca対応のカメラファイル及びDeca対応のカメラ設定が必要となります。

このFAQを別のページで表示する

Camera LinkカメラをCamera Linkボードに接続していますが、画像が得られません
更新日:
タグ:

下記項目を確認して下さい。

・カメラへの電源供給

カメラに電源が正しく供給されていることを確認して下さい。

PoCL環境での電源供給
PoCL対応ボード、PoCL対応ケーブルを使用し、
ボードをPoCL動作モードに設定して、ボードからの電源供給を行って下さい。

非PoCL環境での電源供給
6ピンコネクタからの、電源供給を行って下さい。

・カメラ動作モード

カメラの動作モードがトリガモードの場合、トリガ信号の入力がない場合画像が表示されません。
トリガ信号を入力するか、カメラ動作モードの変更(トリガモード → フリーラン)を行い、
画像取得できるか確認して下さい。

・カメラファイル設定

カメラと通信が行え、カメラに電源が正しく供給されている場合にも関わらず、
画像が取得できない場合、カメラのTAPコンフィグレーションとカメラファイルの
TAPコンフィグレーションが一致していない可能性があります。
カメラ設定またはカメラファイルのTAPコンフィグレーションを変更し、
TAPコンフィグレーションを一致させて下さい。

・ボードのドライバ確認

デバイスマネージャー上でCamera Linkボードが認識されていることを確認して下さい。
認識されていない場合、Camera Linkボードのドライバをメーカーのサイトより取得し、インストールして下さい。
ボードによってはコンフィグレーションによってFirmWareを変更する必要があるものがあります。

このFAQを別のページで表示する

Camera LinkカメラをCamera Linkボードに接続していますが、CLCtrl2ソフトで通信が行えません
更新日:
タグ:

カメラとの通信は、Camera Linkカメラ、Camera Linkボード共にBaseコネクタを使用して行います。
カメラがCamera LinkボードのBaseコネクタと接続されていることを確認して下さい。
(Camera Linkコネクタ2個搭載カメラの場合は、コネクタ1またはBaseコネクタとCamera LinkボードのBaseコネクタが接続されていることを確認して下さい)

カメラがCamera LinkボードのBaseコネクタに接続されていて通信できない場合は、CLCtrl2ソフトの通信ポートが正しく行われていない、カメラに電源は供給されていない可能性があります。
Camera Linkボードが提供している通信方式 (DLL, 仮想COMポート)を確認し、適切に設定して下さい。
カメラに電源が正しく供給されていることを確認して下さい。

このFAQを別のページで表示する

1 2
カメラの選び方
  • ソフトウェアダウンロード
  • すべての質問
pagetop