FAQ

HD133Ctrl

DVI/SDIカメラのゲイン・シャッタを固定して使用するにはどうしたらよいですか?
更新日:
タグ:

下記設定にて、ゲイン・シャッタ設定を固定に設定できます。

STC-HD93DV/SDI, STC-HD133DV/SDI

・OSDでの設定手順

1. カメラにコントローラーを接続し、「MEMU」を選択して下さい。
2. OSD PAGE1の “ALC” を「OFF」に設定して下さい。
3. 固定ゲインは、OSD PAGE1の “GAIN” を「FIXED」 に設定し、固定ゲイン値を設定して下さい。
4. 固定シャッタ (露光時間) は、OSD PAGE1の “SHUTTER” を「FIXED」 に設定し、固定シャッタ値を
    設定して下さい。

・通信ソフトでの設定手順

1. カメラに JIG-USB-HD を接続し、HD133Ctrlを起動して下さい。
2. “Read ALL” を選択してカメラ設定を読み出して下さい。
3. “DSP:Shutter/Gain” タブを選択して下さい。
4. ALCにて “OFF” を選択して下さい。
5. 固定ゲインは、”ゲイン制御” を「固定ゲイン」に設定し、”ゲイン” を設定して下さい。
6. 固定シャッタは、”露光時間制御” を「固定シャッター」 に設定し、”露光時間” を設定して下さい。

 
STC-HD203DV/SDI

・OSDでの設定手順

1. カメラにコントローラーを接続し、「MEMU」を選択して下さい。
2. OSD PAGE1の “AE MODE” にて、「USER MODE」を選択して下さい。
3. 固定ゲインは、「USER GAIN」を設定して下さい。
4. 固定シャッタは、「USER SHUTTER」を設定して下さい。

・通信ソフトでの設定手順

1. カメラに JIG-USB-HD を接続し、JTACtrlを起動して下さい。
2. “Read ALL” を選択してカメラ設定を読み出して下さい。
3. “DSP:Shutter/Gain” タブを選択して下さい。
4. 露光制御モードにて “USER モード” を選択して下さい。
5. 固定ゲインは、「ユーザモード ゲイン」を設定して下さい。
6. 固定シャッタは、「ユーザモード シャッタ時間」を設定して下さい。

このFAQを別のページで表示する

DVI/SDIカメラで取り込んだ画像が緑がかっている
更新日:
タグ:

DVI / SDI カメラは、ベイヤー配列のセンサーを搭載しています。
ホワイトバランスOFF設定時やホワイトバランス設定が適切でない場合、
取り込んだ画像が、緑がかっている画像になる場合があります。
下記手順にて、ホワイトバランス調整を行ってください。

STC-HD93DV/SDI、STC-HD133DV/SDI

・OSDでのホワイトバランス調整
1. カメラにコントローラーを接続し、「MEMU」を選択して下さい。
2. OSD PAGE2の “WB” にて、「MANUAL」または「AUTO」を選択して下さい。

「MANUAL」 → 手動でホワイトバランスを調整
「AWB」→ 継続してホワイトバランスを自動調整

・通信ソフトでのホワイトバランス調整

1. カメラに JIG-USB-HD を接続し、HD133Ctrlを起動して下さい。
2. “Read ALL” を選択して下さい。
3. “DSP:WB” タブを選択して下さい。
4. “ホワイトバランスモード“ にて「固定」または「AWB」を選択して下さい。

「固定」 → 手動でホワイトバランスを調整
「AWB」→ 継続してホワイトバランスを自動調整

STC-HD203DV/SDI

・OSDでのホワイトバランス調整
1. カメラにコントローラーを接続し、「MEMU」を選択して下さい。
2. OSD PAGE2の “WB MODE” にて、「AWB」,「FULL OPEN」,「AWB HOLD」,「USERMODE」のいずれかを
    選択して下さい。

「AWB」 → 手動でホワイトバランスを調整
「FULL OPEN」→ 継続してホワイトバランスして自動調整 (オートと比較して白への引き込みが強い)
「AWB HOLD」→ 現在のホワイトバランス値を保持
「USERMODE」→ 手動でホワイトバランスを調整

・通信ソフトでのホワイトバランス調整

1. カメラに JIG-USB-HD を接続し、JTACtrlを起動して下さい。
2. “Read ALL” を選択して下さい。
3. “DSP:WB” タブを選択して下さい。
4. “ホワイトバランスモード“ にて「オート」,「フルオープン」,「AWBホールド」,「USERモード」のいずれかを
    選択して下さい。

「オート」 → 継続してホワイトバランスして自動調整
「フルオープン」→ 継続してホワイトバランスして自動調整 (オートと比較して白への引き込みが強い)
「AWBホールド」→ 現在のホワイトバランス値を保持
「USERモード」→ 手動でホワイトバランスを調整

このFAQを別のページで表示する

DVI/SDIカメラでカラー/モノクロを切り替える機能はありますか?
更新日:
タグ:

DVI/SDIカメラには、カラー / モノクロを切り替える機能があります。
カラー / モノクロ切り替えは、通信ソフト (HD133Ctrl, JTACtrl)での設定のみとなり、OSDでは設定出来ません。

下記の手順でカラー / モノクロの切り替えが行えます。

STC-HD93DVI/SDI, STC-HD133DVI/SDI
1. カメラに JIG-USB-HD を接続し、HD133Ctrlを起動して下さい。
2. “Read ALL” を選択して下さい。
3. “P)DSP” タブを選択して下さい。
4. カラー/白黒選択にて ”白黒” を選択すると、表示画像がモノクロになります。

STC-HD203DVI/SDI
1. カメラに JIG-USB-HD を接続し、JTACtrlを起動して下さい。
2. “Read ALL” を選択して下さい。
3. “DSP:Other” タブを選択して下さい。
4. カラー/白黒選択にて ”白黒” を選択すると、表示画像がモノクロになります。

このFAQを別のページで表示する

DVI/SDIカメラに画像反転機能はありますか?
更新日:
タグ:

STC-HD93DVI/SDI, STC-HD133DVI/SDIには、左右反転機能があります。
STC-HD203DVI/SDIには、上下反転 / 左右反転 / 上下左右反転機能があります。

画像反転は、OSD及び、通信ソフト(HD133Ctrl, JTACtrl)での設定が可能です。

OSDによる設定

下記の手順で画像の反転が行えます。

STC-HD93DV/SDI、STC-HD133DV/SDI

1. カメラにコントローラーを接続し、「MEMU」を選択して下さい。
2. OSD PAGE1の “MIRROR” にて、「ON」を選択すると、表示画像が左右反転します。

STC-HD203DVI/SDI

1. カメラにコントローラーを接続し、「MEMU」を選択して下さい。
2. OSD PAGE5の “IMAGE OUTPUT” にて、「STANDARD」、「HV INVERSION」、
「V INVERSION」、「H INVERSION」のいずれかを用途に合わせて変更してください。

   「STANDARD」:通常表示
「HV INVERSION」:上下左右反転
  「V INVERSION」:上下反転
  「H INVERSION」:左右反転

通信ソフトによる設定

下記の手順で画像の反転が行えます。

STC-HD93DVI/SDI, STC-HD133DVI/SDI
1. カメラに JIG-USB-HD を接続し、HD133Ctrlを起動して下さい。
2. “Read ALL” を選択して下さい。
3. “DSP:Other” タブを選択して下さい。
4. 左右反転にて ”ON” に選択すると、表示画像が左右反転します。

STC-HD203DVI/SDI
1. カメラに JIG-USB-HD を接続し、JTACtrlを起動して下さい。
2. “Read ALL” を選択して下さい。
3. “DSP:Other” タブを選択して下さい。
4. 画像反転にて上下反転 / 左右反転 / 上下左右反転 を選択すると、表示画像が反転します。

このFAQを別のページで表示する

DVI/SDIカメラを出荷状態に戻す方法はありますか?
更新日:
タグ:

DVI/SDIカメラ本体及び通信ソフトにはカメラを工場出荷状態に戻す機能はありませんが、
設定変更前に通信ソフトを使って初期設定ファイルを保存し、このファイルを利用することで
工場出荷状態 (初期設定) に戻すことができます。

通信ソフトは、STC-HD93DV/SDI、STC-HD133DV/SDIの場合「HD133Ctrl」、
STC-HD203DV/SDIの場合は「JTACtrl」となります。

初期設定ファイル保存方法
1. DVI/SDIカメラにJIG-USB-HDを接続し、JTACtrl (HD133Ctrl) を起動して下さい。
2. “Read ALL” ボタンを選択して下さい。
3. 上部タブの”Mode” → “One Shot” を選択して下さい。
4. “Read EEPROM(R)” ボタンを選択し、フォルダ名を入力して”OK”を選択すると設定ファイルが保存されます。

初期設定ファイル読み込み方法
1. DVI/SDIカメラにJIG-USB-HD接続し、JTACtrl (HD133Ctrl) を起動して下さい。
2. 上部タブの”Mode” → “One Shot” を選択して下さい。
3. SettingName で初期設定名を選択し、”Write EEPROM(W)” を選択すると初期設定がカメラ内部のEEPROMに
    保存されます。
4. カメラの電源を再投入して下さい。

このFAQを別のページで表示する

DVI/SDIカメラで使用する通信ソフトウェア・通信治具ドライバのインストール方法を教えて下さい
更新日:
タグ:

通信ソフトウェア

 HD93カメラ、HD133カメラの場合、HD133Ctrlソフトウェア、
 HD203カメラの場合、JTACtrlソフトウェアが必要となります。
 ソフトウェアはホームページからダウンロードして下さい。

通信治具ドライバのインストール

 初めて通信治具JIG-USB-HDをPCに接続する場合、通信の為のUSB仮想シリアルドライバが必要です。
 下記フォルダの”dpinst_xxx”を実行し、インストールして下さい。
 通信ソフトウェア(HD133Ctrl)の場合、ドライバは、Sentech\HD133Ctrl\drvにあります。
 通信ソフトウェアが(JTACtrl)の場合、ドライバは、Sentech\JTACtrl\drvにあります。

 USB仮想シリアルドライバのインストール完了後、JIG-USB-HDをPCに再接続すると、
 自動的にSentech USB Serial Portドライバがインストールされます。
 デバイスマネージャーにて、USB Serial PortのCOM番号を確認して下さい。

 通信ソフトウェアを起動し、CommタブのPort Settingより通信ポートを設定して下さい。
 デバイスマネージャーにて確認した Sentech USB Serial PortのCOM番号を選択して下さい。

 通信時にエラーコードが表示される場合は、仕様書上のエラーコードを確認下さい。

このFAQを別のページで表示する

カメラの選び方
  • ソフトウェアダウンロード
  • すべての質問
pagetop