FAQ

カメラ設定

USB2.0カメラのフレームレートを下げて使用したいです
更新日:
タグ:

下記手順にてフレームレートを「1/2」「1/4」に下げて使用することができます。
* USB3Visionカメラのように上記以外の任意のフレームレートで使用することはできません。

1.StCamSWare起動
2.メニューの「オプション」タブ→「設定」を選択し、設定画面の「詳細設定」を選択
3.「その他」タブを開き、「クロック」を「1/2」または「1/4」に設定

このFAQを別のページで表示する

USB/GigE Visionカラーカメラで取り込んだ画像が緑がかっている
更新日:
タグ:

USB / GigE Vision カメラーカメラは、ベイヤー配列のセンサーを搭載しています。
ホワイトバランスOFF設定時やホワイトバランス設定が適切でない場合、
取り込んだ画像が、緑がかっている画像になる場合があります。
下記手順にて、ホワイトバランス調整を行ってください。

以下、StViewerでのホワイトバランス調整方法です。(USB3 Vision, GigE Vision)

1. 画像取得を停止した後、RemoteDevice → AnalogControl → Balance White Autoにて
「Once」または「Continuous」を選択して下さい。

「Once」→ 一度のみホワイトバランスを自動調整
「Continuous」 → 継続してホワイトバランスを自動調整

以下、StCamsWareでのホワイトバランス調整方法です。(USB3 Vision, USB3.0, USB2.0)

1.「オプション」タブ → 「設定」 → 「詳細設定」 を選択して下さい。
2.「ホワイトバランス」タブを選択し、「ホワイトバランスモード」の、
「マニュアルWB」,「AWB」,「ワンショットAWB」のいずれかを選択して下さい。

「マニュアルWB」 → 手動でホワイトバランスを調整
「AWB」→ 継続してホワイトバランスして自動調整
「ワンショットAWB」→ 一度のみホワイトバランスを自動調整

このFAQを別のページで表示する

USB2.0カメラでカメラの設定を出荷状態 (初期状態) に戻す方法を教えて下さい
更新日:
タグ:

StCamSWareを使用して設定を出荷状態(初期状態)に戻すことができます。
以下の手順で設定できます。

1. StCamSWareを起動し、”オプション” → ”設定”を選択して下さい。
2. 設定画面の”リセット”ボタンを選択して下さい。

このFAQを別のページで表示する

USB2.0カメラの設定保存はどのように行えますか?
更新日:
タグ:

StCamSWare、SDKを使用して設定をPCに保存できます。
USB2.0ボードカメラ(STC-SC/SB**USBモデル)ではカメラ内部のEEPROMに設定が保存できます。
また、USB2.0ボードカメラ(STC-SC/SB**USBモデル)には画素欠陥補正機能があり、
画素欠陥位置情報はEEPROMのみに保存できます。

以下の手順でStCamSWareを使用して保存できます。

■PCへの設定ファイル保存方法
1. StCamSWareを起動し、”オプション” → ”設定”を選択して下さい。
2. 設定画面の”保存”ボタンを選択して下さい。
3-1. 「この機種の初期設定ファイルとして保存しますか?」と表示され、「はい」を選択した場合、
       次回起動から、保存した設定が自動的に読み込まれてカメラが起動します。
       設定の自動読み込みが不要な場合、
       C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Sentech\StCamSWare内のStCamSWare.cfgを削除して下さい。

3-2. 「この機種の初期設定ファイルとして保存しますか?」と表示され、「いいえ」を
       選択した場合、「名前を付けて保存」画面にて、ファイル名、保存場所を指定し、
       カメラの設定ファイルの保存ができます。
       保存した設定を読み込む場合、設定画面の読込ボタンを選択後、対象のカメラ設定ファイルを選択して下さい。

■EEPROMへの保存方法
1. StCamSWareを起動し、”オプション” → ”設定”を選択して下さい。
2. 設定画面の、EEPROMを選択して下さい。
3. 下記項目がEEPROMへの保存・読込項目となります。
  ・Save[Standard]
     画素欠陥位置以外の情報がカメラのEEPROMへ保存されます。
  ・Save[Defect Pixel Position]
     画素欠陥位置の情報がカメラのEEPROMへ保存されます。
     新たに欠陥画素を補正した場合に位置情報を保存して下さい。
  ・Load[Standard]
     画素欠陥位置以外の情報がEEPROMから読み込まれカメラへ反映されます。
  ・Load[Defect Pixel Position]
     画素欠陥位置の情報がEEPROMから読み込まれカメラへ反映されます。
  ・Reset Factory Default
     カメラ設定ファイル、EEPROMへ初期値が反映されます。

次回起動から、EEPROMに保存した設定が自動的に読み込まれ、カメラが起動します。

EEPROMに設定を保存しても、カメラを起動する際にStCamSWare.cfgファイルが
C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Sentech\StCamSWare
に存在すると、StCamSWare.cfgファイル設定の設定が自動的に読み込まれます。
EEPROMの設定でカメラ起動する場合、
C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Sentech\StCamSWare にStCamSWare.cfgファイルが無い様に
して下さい。

このFAQを別のページで表示する

カメラの選び方
  • ソフトウェアダウンロード
  • すべての質問
pagetop