FAQ

ソフトウェア

PvDeviceFinderWndクラス(ダイヤログ)を使用せずに、PvDeviceInfoを取得を取得する方法
更新日:
タグ:

SDKに含まれているサンプルプログラムでは最初のカメラ選択、カメラ接続を主に PvDeviceFinderWnd クラスを用いたダイヤログを表示させて行っていますが、ダイアログを表示させずに行うことが出来ます。

詳しくは次のPDFの 22ページ 2.2 NIC 情報、カメラ情報の取得 をご確認ください。

Sentech GigE Vision カメラ StGigE SDK サンプルガイド

以上

このFAQを別のページで表示する

Linux用GigEドライバ ebus_sdk_3.1.7.3007_rhel-6-x86_64.run を Ubuntu12.04にインストールできない

[原因]

1. インストールファイル  ebus_sdk_3.1.7.3007_rhel-6-x86_64.run を実行するには、bashコマンドの実行が必要だが、Ubuntuの初期設定ではbashが無効になっている。

2. インストールには、libexpat.so.0が必要だがインストールされてない場合にエラーとなる。

[対策]

1. dekg-reconfigure bas コマンドを実行、「いいえ」を選択し、bashコマンドを有効にする。

2. apt-get install libexpat1 コマンドにて必要パッケージをインストールし、ln libexpat.so.1 libexpat.so.0 で関連付けを行う。

 

以上

このリンクを別のページで表示する

1404-4, 1404-10

StGigE-Package v1.xx から StGigE-Package v2.xx へのAPIの変更点について
更新日:
タグ: ,

PvBuffer::GetWidth(), PvBuffer::GetHeight(), PvBuffer::GetPixelType() はPvImageクラスに移動しました。 PvBuffer::GetImage() で PvImage クラスを取得してから、vImage::GetWidth(), PvImage::GetHeight(), PvImage::GetPixelType() を行ってください。 PvDevice::ResetStreamTimeoutCounter() は無くなりましたので削除してください。

 

このFAQを別のページで表示する

 

関連FAQ

GigEカメラのSDKでサポートしている開発環境と言語は何ですか?

StGigE-Packageのインストール時に エラー” PvDotNet.dll への書込みに失敗しました。”が表示されインストールが出来ません。

お使いのPCに.NET4 のがインストールされている必要があります。インストールインストールされていない場合は以下のリンクからインストールをお願いします。

Microsoft .NET Framework 4 (Standalone Installer)
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=17718

ファイル PvDotNet.dll への書込みに失敗しました。このディレクトリへのアクセス権があるかどうかを確認してください。

ファイル PvDotNet.dll への書込みに失敗しました。このディレクトリへのアクセス権があるかどうかを確認してください。

このFAQを別のページで表示する

IP Address initialization Save をプログラムで行なう方法を教えてください。

Q: カメラ付属のソフト(StCamGigWare) の GigEVisionCameraSelection画面で IP Address initialization Save ボタンでIPアドレスの書き込みができますがこれはどうやって行うのでしょうか?

 

A: 下記のサンプルコードで、現在のIPアドレス、サブネットマスクをPersistentに設定することができます。

GevCurrentIPConfigurationPersistentIPをtrue(有効)にすると、Persistentに設定されているIPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイが有効になります。
GevCurrentIPAddress:現在のIPアドレス
GevCurrentSubnetMask:現在のサブネットマスク
GevPersistentIPAddress:GevCurrentIPConfigurationPersistentIPがtureとなっている時、カメラの電源立ち上げ時のIPアドレス
GevPersistentSubnetMask:GevCurrentIPConfigurationPersistentIPがtureとなっている時、カメラの電源立ち上げ時のIPアドレス

これらの項目名はカメラ内部に持っています。
StGigEPlayerを起動させ、カメラをコネクトした後、DeviceControl画面を表示してください。
TransportLayerControlカテゴリにこれらの項目があります。

bool SetIPAddress( PvDevice *pDevice, bool bAuto )
{
PvResult pvResult;

PvGenParameterArray *lGenDevice = pDevice->GetGenParameters();

//GevCurrentIPConfigurationPersistentIPがtrueの場合はPersistentIPが有効
PvGenBoolean *lPersistentIPBoolean = dynamic_cast( lGenDevice->Get( “GevCurrentIPConfigurationPersistentIP” ) );

ASSERT( lPersistentIPBoolean != NULL );

if( bAuto==true ){ //自動(PersistentIPが無効)
pvResult = lPersistentIPBoolean->SetValue(false);
}
else
{
PvGenInteger *lIPAddressParam = dynamic_cast( lGenDevice->Get( “GevCurrentIPAddress” ) );
PvGenInteger *lFlushIPAddressParam = dynamic_cast( lGenDevice->Get( “GevPersistentIPAddress” ) );
PvGenInteger *lSubnetMaskParam = dynamic_cast( lGenDevice->Get( “GevCurrentSubnetMask” ) );
PvGenInteger *lFlushSubnetMaskParam = dynamic_cast( lGenDevice->Get( “GevPersistentSubnetMask” ) );

ASSERT( lIPAddressParam != NULL );
ASSERT( lFlushIPAddressParam != NULL );
ASSERT( lSubnetMaskParam != NULL );
ASSERT( lFlushSubnetMaskParam != NULL );

//IP読込
PvInt64 lIPAddress = 0;
PvInt64 lSubnetMask = 0;

pvResult = lIPAddressParam->GetValue( lIPAddress ); //現在のIPアドレスを取得
if( pvResult.IsOK() )
pvResult = lSubnetMaskParam->GetValue( lSubnetMask ); //現在のサブネットマスクを取得
if( pvResult.IsOK() )
pvResult = lFlushIPAddressParam->SetValue( lIPAddress ); //現在のIPアドレスをPersistentIPAddressに設定
if( pvResult.IsOK() )
pvResult = lFlushSubnetMaskParam->SetValue( lSubnetMask ); //現在のサブネットマスクをPersistentSubnetMaskに設定

if( pvResult.IsOK() )
lPersistentIPBoolean->SetValue(true); //Persistentを有効にする
}

return pvResult.IsOK();
}

———-

 

このFAQを別のページで表示する

Cognex VisionPro で露光時間が設定できません。
更新日:
タグ: , , , ,

電子シャッタ露光時間を設定するGenICamコマンド名に VisionPro では “ExposureTimeABS” を推奨しているのに対し、弊社のカメラは “ExposureTimeRaw” を使用しています。電子シャッタ露光時間を設定するGenICamコマンド名に “ExposureTimeRaw”を使用してください。

弊社のGigEカメラのGenICamコマンドは各カメラのマニュアルに記載しております。

 

このFAQを別のページで表示する

関連するFAQ

GigEカメラは Cognex VisionPro で使用できますか?

GigEカメラは Cognex VisionPro で使用できますか?
更新日:
タグ: ,

弊社のドライバーとの共存や、露光時間設定などのGenICamコマンド名に注意がございます。
詳しくは下記のPDFをご覧ください。

 

日本語: TechNote_GigE06_Camera_on_VisionPro_JP_Rev1.0
English: TechNote_GigE06_Camera_on_VisionPro_EN_Rev1.0

 

このFAQを別のページで表示する

関連するFAQ

Cognex VisionPro で露光時間が設定できない。

コネクト前にカメラのIPアドレスを設定する方法を教えてください。
更新日:
タグ: ,

ウィンドウでカメラのIPアドレスを設定するには PvDeviceFinderWndクラス の ShowModal関数 を使用します。
SDKの関数からカメラのIPアドレスを設定する方法は下記のPDFの “2.2 NIC 情報、カメラの取得 情報” を参照してください。

 

日本語: StGigE-SDK_Sample_JP_Rev2.00-1
English: StGigE-SDK_Sample_EN_Rev2.00-1

 

このFAQを別のページで表示する

ジャンボフレームの設定方法を教えてください。

GigEカメラを使用するにはネットワークアダプターのジャンボパケットを9,000バイト以上に設定する必要があります。この設定が表示されないネットワークアダプターはジャンボパケットに対応していないと考えられます。ジャンボパケットを設定しないとフレームレートが遅くなったり映像が表示されないなどカメラ本来のパフォーマンスが発揮されませんので必ず設定の確認をしてください。

以下の手順で、Junbo Packet / ジャンボパケットの設定が出来ます。(キャプチャ画像は代表例です。)

( Jumbo Frame ・ジャンボフレーム は同じ意味です。)
1.デバイスマネージャーを開きます。 (→ デバイスマネージャーの開き方を教えてください。

2.ネットワークアダプタからGigEカメラを接続するネットワークカードを選択します。

3.右クリック -> プロパティ を選択します。

JumboPacked1

4.「詳細設定」タブにある設定(S)の「ジャンボパケット」を選択します。

5.「値(V)」を9,000バイト以上に設定します。

JumboPacked2

6. 「OK」をクリックし、デバイスマネージャーを終了します。

 

このFAQを別のページで表示する

UniversalProドライバを使用時に映像フレーム間隔が長い場合(例えば、トリガーの間隔が長い)、映像が取り込めない場合があります。
更新日:
タグ: , , ,
1 2
カメラの選び方
  • ソフトウェアダウンロード
  • すべての質問
pagetop