FAQ

すべての質問

StCam_CameraSetting コマンドを実行するとエラーになる
更新日:
タグ:

[現象]

STC-TC83USB-AT(旧USB2.0モデル(STC-TC/TB))に対して StCam_CameraSetting コマンドを実行するとエラーになる。

[原因]

StCam_CameraSetting コマンドはカメラ本体に設定を保存できるモデルのみに対応しています。

 

[対応状況]

対応:ボードタイプUSB2.0カメラ(STC-SB/SC)USB3.0カメラ

非対応:旧USB2.0モデル(STC-TC/TB)USB2.0モデル(STC-MB/MC)

(2014年8月時点 ※今後、カメラハードウェアの仕様が変更になる場合があります。)

 

以上

 

このFAQを別のページで表示する

1404-6

動作確認済み スイッチングハブ 情報
更新日:
タグ: ,

【動作確認済みネットワークスイッチ】

 

【非推奨ネットワークスイッチ(パケットロスが多い)】

  • DELL: PowerConnect 5324
  • Netgear: GS724T Smart Switch
  • SMC: SMCGS5

 

このFAQを別のページで表示する

関連FAQ

Linux用GigEドライバ ebus_sdk_3.1.7.3007_rhel-6-x86_64.run を Ubuntu12.04にインストールできない

[原因]

1. インストールファイル  ebus_sdk_3.1.7.3007_rhel-6-x86_64.run を実行するには、bashコマンドの実行が必要だが、Ubuntuの初期設定ではbashが無効になっている。

2. インストールには、libexpat.so.0が必要だがインストールされてない場合にエラーとなる。

[対策]

1. dekg-reconfigure bas コマンドを実行、「いいえ」を選択し、bashコマンドを有効にする。

2. apt-get install libexpat1 コマンドにて必要パッケージをインストールし、ln libexpat.so.1 libexpat.so.0 で関連付けを行う。

 

以上

このリンクを別のページで表示する

1404-4, 1404-10

通信ソフトの通信内容をモニタする方法
更新日:
タグ: , , , , ,

通信ソフトが送受信しているコマンドをモニタする方法を説明します。通信内容の解析に役立ちます。

対応ソフト:CLCtrl2、EFDSPCtrl、HD133Ctrl、DQUCtrl、JTACtrl

STEP1: DebugView.exe を次のリンクからダウンロードします。

http://technet.microsoft.com/en-us/sysinternals/bb896647.aspx

STEP2: ダウンロードしたDebugView.exeを起動します。(インストールは不要です。)


STEP3: 通信ソフトのデバッグモードに有効にします。

例)CLCtrl2(日本語)の場合

通信(C) > ポート設定(P) をクリックしてください。

「デバッグモード」にチェックをつけます。

例)EFDSPCtrl(英語)の場合

「COMM(C)」>「Port Setting(O)…」

Debug Mode」にチェックをつけます。

STEP4: 通信している内容がDebugViewにモニタされます。

以上

このFAQを別のページで表示する

1405-1

Cognex VisionPro でUSBカメラを使用する方法
更新日:
タグ: , ,

STEP1: Sentech StCamSWareをインストールしてください。インストール時に「完全」を選択するか、「カスタム」を選択し「CognexVisionProInterface」にチェックを付けてインストールするとVisionProに対応したUSBドライバーがインストールされます。

STEP2: カメラをPCのUSBポートに接続してください。

STEP3: Cognex VisionProのライセンス認証をしてください。USBドングルキーなどをPCに挿している必要があります。デモモードではカメラを認識しません。

STEP4: VisionPro QuickBuildを管理者モードで起動してください。特に64-bit OSの場合は管理者権限モードで起動しないとカメラを認識しません。

「スタート」>「Cognex」>「VisionPro(R)QuickBuild」を右クリックして「Run as administtrator」をクリックしてください。

STEP5: 「Image Source」をダブルクリックしてください。「Iamge Source」ウィンドウが開きます。

STEP6: 「Camera」にチェックをしてください。

STEP7: 「Iamge Acquisition Device/Frame Grabber:」のドロップダウンメニューからカメラを選択してください。

注意: Cognex VisionProのライセンスが必要です。USBドングルキーなどをPCに挿している必要があります。ライセンス認証をしていない場合は下記の様なメッセージがでます。また、64-bit OSの場合は管理者モードでVisionProを起動する必要があります。

STEP8: 「Initialize Acquisition」をクリックしてください。

STEP9: 「Strobe & Trigger」タブを選択してください。

STEP10: Trigger Mode から「Free Run」もしくは希望の動作モードを選択してください。

STEP11: ウィンドウを閉じてください。

STEP12: 「Run Job Once」もしくは、「Run Job Continuously」をクリックしてください。映像がプレビューされます。

 

 

以上

 

このFAQを別のページで表示する

 1404-2

推奨 イーサネットカード 情報
更新日:
タグ: ,

次のイーサネットカード推奨いたします。
※実際にお使いになるPCとカメラで動作テストは行なって下さい。

 

ポート数 PoE対応 メーカー名 製品名/型名 接続スロット
1ch インテル Intel® PRO/1000 GT Desktop Adapter PCI PCI Slot
1ch インテル Intel® Gigabit CT Desktop Adapter PCI Express x1 Lane
2ch インテル Intel® Ethernet Server Adapter I350-T2 PCI Express x4 Lane
4ch インテル Intel® Ethernet Server Adapter I350-T4 PCI Express x4 Lane
4ch アバールデータ APX-3404 PCI Express x4 Lane
2ch ADLINK PoE PCI Express x4 Lane
2ch ADLINK GIE62+ PCI Express x4 Lane
4ch ADLINK GIE64+ PCI Express x4 Lane
4ch Portwell NIC-71040 PCI Express2.1 x4 Lane

 

このFAQを別のページで表示する

関連FAQ

動作確認済み PoEインジェクタ(PoE給電機器) 情報
更新日:
タグ: ,

動作確認済みのPoEインジェクタ(PoE給電機器)の情報は下記になります。
カメラとイーサネットの間にPoE給電機器を接続するとカメラにPoE給電が行われます。

 

  • バッファロー社製
    BIJ-POE-1P/HG
    ハイパワー PoEインジェクター 1CHモデル

 

■ PoE給電機能付きイーサネットカード

ADLINK社製

  •  PoE
    2-CH PCI Express® power over Ethernet frame grabber without digital I/O and trigger I/O
  • GIE62+
    2-CH Gigabit Ethernet Frame Grabber Supporting Power over Ethernet
  • GIE64+
    4-CH Gigabit Ethernet Frame Grabber Supporting Power over Ethernet

 

このFAQを別のページで表示する

関連FAQ

複数台のUSBカメラを繋げたのですが、フレームスピードが出ません。
更新日:
タグ:
下記の項目を確認してください。
  • ハブを使用していますか?使用している場合は直接、PCのUSBポートに接続してください。
  • クロックの設定を2台とも1/2にしてみてください。

設定>詳細設定画面モードにする>その他 タブ >クロック で変更できます。

  •  Core iの省電力モードが影響している場合があります。
Windowsのスタート > 全てのプログラム > Sentech > StCamSWare > StPowerCtrl のソフトで自動制御にチェックを付けてください。

 

StGigE-Package v1.xx から StGigE-Package v2.xx へのAPIの変更点について
更新日:
タグ: ,

PvBuffer::GetWidth(), PvBuffer::GetHeight(), PvBuffer::GetPixelType() はPvImageクラスに移動しました。 PvBuffer::GetImage() で PvImage クラスを取得してから、vImage::GetWidth(), PvImage::GetHeight(), PvImage::GetPixelType() を行ってください。 PvDevice::ResetStreamTimeoutCounter() は無くなりましたので削除してください。

 

このFAQを別のページで表示する

 

関連FAQ

GigEカメラのSDKでサポートしている開発環境と言語は何ですか?

StGigE-Packageのインストール時に エラー” PvDotNet.dll への書込みに失敗しました。”が表示されインストールが出来ません。

お使いのPCに.NET4 のがインストールされている必要があります。インストールインストールされていない場合は以下のリンクからインストールをお願いします。

Microsoft .NET Framework 4 (Standalone Installer)
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=17718

ファイル PvDotNet.dll への書込みに失敗しました。このディレクトリへのアクセス権があるかどうかを確認してください。

ファイル PvDotNet.dll への書込みに失敗しました。このディレクトリへのアクセス権があるかどうかを確認してください。

このFAQを別のページで表示する

1 2 3 4 8
カメラの選び方
  • ソフトウェアダウンロード
  • すべての質問
pagetop