FAQ

すべての質問

4K/HDMIカメラで画像上にラインを表示する機能はありますか?
更新日:
タグ:

4K/HDMIカメラにはラインマーカー機能があり、水平・垂直ラインマーカーを各4本ずつ表示できます。
ラインマーカー機能はOSD、制御ソフトの両方で設定できます。

このFAQを別のページで表示する

4K/HDMIカメラで使用する通信ソフトウェア・通信治具ドライバのインストール方法を教えて下さい
更新日:
タグ:

・通信ソフトウェア

KPACtrlソフトウェアが必要となります。
ソフトウェアはホームページからダウンロードして下さい。

・通信治具ドライバのインストール

初めて通信治具JIG-USB-HDをPCに接続する場合、通信の為のUSB仮想シリアルドライバが必要です。
KPACtrlをインストールすると、ドライバは、Sentech\KPACtrl\drvにコピーされます。

USB仮想シリアルドライバのインストール完了後、JIG-USB-HDをPCに再接続すると、
自動的にSentech USB Serial Portドライバがインストールされます。
デバイスマネージャーにて、USB Serial PortのCOM番号を確認して下さい。

通信ソフトウェアを起動し、CommタブのPort Settingより通信ポートを設定して下さい。
デバイスマネージャーにて確認した Sentech USB Serial PortのCOM番号を選択して下さい。

通信時にエラーコードが表示される場合は、仕様書上のエラーコードを確認下さい。

このFAQを別のページで表示する

4K/HDMIカメラの電源供給はどの様に行いますか?
更新日:
タグ:

ACアダプタからの電源供給になります。

このFAQを別のページで表示する

HDMIカメラを使用する場合、どのようなケーブルが使用できますか?
更新日:
タグ:

5.0m以内のHDMIケーブルをご使用下さい。
5.0m以上のHDMIケーブルを使用する場合、ケーブルメーカーに確認し、実使用環境で十分に確認を行って下さい。

4K2160P60の映像を得る場合は、HDMI2.0対応ケーブルをご使用下さい。

このFAQを別のページで表示する

どのような4K/HDMIカメラがありますか?
更新日:
タグ:

4K2160P対応のCMOSカメラをラインナップしています。
※1080P出力も可能です

カメラ製品情報は下記を参照下さい。
   製品情報

* 4K/HDMIカメラにはレンズ・ケーブル・電源アダプタは含まれていません。
   4K/HDMIアクセサリページ、ケーブルメーカーまたはレンズメーカーホームページを参照し、選定して下さい。

このFAQを別のページで表示する

Windows XPでUSBカメラを使用できますか?
更新日:
タグ:

Windows XPでもUSBカメラは使用可能です。
Windows XP PCのUSB2.0 / USB3.0ホストコントローラ・CPU性能によっては、
フレームレートが低い、カメラを認識しても画像を取得できない場合があります。

このFAQを別のページで表示する

Sentech SDKはPython対応していますか?
更新日:
タグ:

対応しています。
Pythonのバージョンを確認の上、ソフトウェアダウンロードページよりダウンロードして下さい。
※Pythonを利用するにはSentech SDKのインストールが必要となります。

このFAQを別のページで表示する

UVCカメラの設定保存方法を教えて下さい
更新日:
タグ:

KSACtrlにて設定を保存できます。
KSACtrlにて設定変更後、「DSP>FLASH」を選択すると、カメラに設定が保存されます。
次回起動以降、保存した設定が読み込まれ、カメラが起動します。

このFAQを別のページで表示する

KSACtrlにてUVCカメラを認識しません
更新日:
タグ:

使用しているPCにCDCドライバがインストールされていない、
または、CDCドライバインストール後に、適切な仮想COMポートが選択されていない可能性があります。
※Windows10 ではカメラ接続時、ドライバが自動的にインストールされます。

・CDCドライバインストール手順

下記手順に従ってドライバのインストール、カメラ接続を行って下さい。

KSACtrlのインストール先フォルダを変更しなかった場合、
C:\Program Files (x86)\Sentech\KSACtrl のフォルダ内にドライバ等の
ファイルがコピーされます。

1. C:\Program Files (x86)\Sentech\KSACtrl\cdc\dpinst_xxx.exeを実行し、
CDCドライバをインストールして下さい。
32ビットOSの場合 → dpinst_x86.exe
64ビットOSの場合 → dpinst_x64.exe

2. CDC 用ドライバのインストール正常終了後、USB ケーブルにてカメラとPC を接続して下さい。
自動的にカメラドライバがインストールされます。
ドライバがインストールされるまで数分かかる場合があります。

3.ドライバのインストール正常終了後、一度USB ケーブルをカメラから外し、
再度、カメラとPC をUSB ケーブルにて接続して下さい。
これ以後、UVCカメラが正常に認識され、UVC Viewer 及びKSACtrl からの操作が可能となります。

このFAQを別のページで表示する

「File StGenTL.cti not valid」エラーが表示されStViewerを起動できません
更新日:
タグ:

使用しているPCに、v3.09以前のStCamSWareがインストールされている可能性があります。
v3.09以前のStCamSWareではStGenTL.ctiファイルのインストール先が、SentechSDKと異なるため、
両方をインストールした場合、古いバージョンのStGenTL.ctiファイルが使用されてしまい、
エラーが表示されます。

このメッセージが表示された場合は、StCamSWareをアンインストールし、
v3.10以降のStCamSWareを再インストールして下さい。

このFAQを別のページで表示する

1 2 3 4 5 22
カメラの選び方
  • ソフトウェアダウンロード
  • すべての質問
pagetop