FAQ

Camera Link

Camera LinkカメラをCamera Linkボードに接続していますが、CLCtrl2ソフトで通信が行えません
更新日:
タグ:

カメラとの通信は、Camera Linkカメラ、Camera Linkボード共にBaseコネクタを使用して行います。
カメラがCamera LinkボードのBaseコネクタと接続されていることを確認して下さい。
(Camera Linkコネクタ2個搭載カメラの場合は、コネクタ1またはBaseコネクタとCamera Linkボードの
Baseコネクタが接続されていることを確認して下さい)

カメラがCamera LinkボードのBaseコネクタに接続されていて通信できない場合は、
CLCtrl2ソフトの通信ポートが正しく行われていない、カメラに電源は供給されていない可能性があります。
Camera Linkボードが提供している通信方式 (DLL, 仮想COMポート)を確認し、適切に設定して下さい。
カメラに電源が正しく供給されていることを確認して下さい。

このFAQを別のページで表示する

Camera Link コネクタが2個搭載されているCamera Linkカメラを使用する場合、Camera Linkケーブル1本接続と、2本接続とでは、使用上、どのような違いがありますか?
更新日:
タグ:

1本接続時は、Baseコンフィグレーション接続による画像転送となります。
2本接続時は、Base / Medium / Full / Deca (10TAP) コンフィグレーション接続による画像転送が可能となり、
カメラファイル、カメラ設定によりコンフィグレーションの選択が可能です。

カメラのTAPコンフィグレーションとカメラファイルのTAPコンフィグレーションが
一致していることを確認して下さい。

Full / Decaコンフィグレーションで使用する場合は、Fullコンフィグレーション対応の
Camera Linkケーブルを使用して下さい。

カメラリンク出力構成

コンフィグレーション 画像転送速度 Camera Link ケーブル本数
Deca(10TAP) 850 MB /s 2本
Full(8TAP) 680 MB /s 2本
Medium(4TAP) 510 MB /s 2本
Base(1-3TAP) 255 MB /s 1本

 

このFAQを別のページで表示する

どのインターフェースのカメラがお薦めでしょうか?
更新日:
タグ:

PCを使用して画像取り込みを行う場合とPCを使用せずモニターに直に接続し画像表示する場合で変わります。

PCを使用して画像取り込みを行う場合
    取り込みボードレスで画像取り込みを行う場合
    ・GigE Vision
       100mまでのケーブル長に対応できます。

    ・USB3 Vision
       USBバスパワー利用の為、USBケーブル1本で使用可能です。

    ・USB2.0
       USBバスパワー利用の為、USBケーブル1本で使用可能です。

    取り込みボードを使用し、安定した画像取り込みを行う場合
    ・Camera Link
       “低解像度・ハイスピード”から”高解像度・ハイスピード”までラインナップが豊富です。

    ・CoaXPress
       同解像度のCamera Linkカメラに比べてハイスピードになります。

    ・Opt-C:Link
       100mまでのケーブル長に対応できます。

 
PCを使用せずモニターに直に画像表示する場合
    ・HD-DVI
       HDMIケーブルでモニターへのダイレクト出力が可能です。

    ・3G-SDI / HD-SDI
       BNCケーブルでSDI入力対応のモニターへのダイレクト出力が可能です。

    ・TVフォーマット
       BNCケーブルでモニターへのダイレクト出力が可能です。

このFAQを別のページで表示する

どのようなCamera Linkカメラがありますか?
更新日:
タグ:

VGA~2MのCCD搭載CameraLinkカメラ、
0.4M~12MのCMOS搭載CameraLinkカメラをラインナップしています。

カメラ製品情報は下記を参照して下さい。
   製品情報

* Camera Linkカメラにはレンズ・ケーブル・電源アダプタは含まれていません。
   Camera Linkアクセサリページ、ケーブルメーカーまたはレンズメーカーホームページを参照し、
 選定して下さい。

このFAQを別のページで表示する

Camera Linkカメラを使用する場合、どのようなケーブルが使用できますか?
更新日:
タグ:

Camera Link規格でのケーブル長規定は、10.0mまでですがCamera Linkボード、
ケーブルの組み合わせによっては10TAP動作モード時、7.0m以上のケーブルでは正常動作しない場合があります。
5.0m以上のCamera Linkケーブルで10TAP動作モード使用する場合、
ケーブルメーカーに確認し、実使用環境で確認を行って下さい。

Fullコンフィグレーションまたは10TAP動作時は、
Fullコンフィグレーション対応Camera Linkケーブルを使用して下さい。

このFAQを別のページで表示する

Camera Linkカメラを使用する場合、画像取得のソフトウェアはどのようなものがありますか?
更新日:
タグ:

Camera Linkボードメーカーから提供されるソフトウェア、Visionソフトウェアを使用するため、
画像取得ソフトウェアは弊社からは提供していません。
Camera Linkカメラの設定変更(露光時間、動作モード等)用ソフトウェア(CLCtrl2)を弊社から提供しています。

動作実績のあるCamera Linkボード、画像取得ソフトウェアは以下の通りです。

Camera Linkボードメーカー 代表Camera Linkボード名 画像取得ソフトウェア
Euresys GrabLink MultiCam Studio
Matrox Solios MIL
Deledyne Dalsa X64-CL, Xcelera-CL Sapera
NI NI1483 LabView
Cognex MVS-8600e Vision Pro
アバールデータ APX3323 SDK-AcapLib2

このFAQを別のページで表示する

Camera Linkカメラを使用する場合、PC特性・性能で注意する点はありますか?
更新日:
タグ:

Camera Linkカメラを使用する場合、Camera Linkボードが必要となります。

Camera Linkボードにより必要なバス(PCI、PCIe-x4、PCIe-x8等)が異なります。
使用するボード、PCのバス種類を確認して下さい。

このFAQを別のページで表示する

Camera Linkカメラの電源供給はどの様に行いますか?
更新日:
タグ:

6ピンコネクタからの外部電源供給または
PoCL(Power over Camera Link, Camera Linkボートからの給電)給電となります。

PoCL給電にはPoCL対応ボード及びPoCL対応ケーブルが必要です。

このFAQを別のページで表示する

1 2
カメラの選び方
  • ソフトウェアダウンロード
  • すべての質問
pagetop