FAQ

GigE Vision(Mシリーズ)

StViewer上でbit数 (8bits, 10bits, 12bits) を指定して画像を保存する方法を教えて下さい
更新日:
タグ:

デフォルト設定では8bitでの画像保存となる為、
10bit / 12bitで画像保存する場合、画像フォーマットの設定を変更して下さい。

StViewerでの画像保存は、Registered ImageとPreview Imageの選択ができます。
Registered Imageは、カメラから受け取った画像、
Preview Imageは、Destination Pixel Format(StViewer上で表示されている画像フォーマット)に
対応した画像となります。
左上にある保存アイコン使用時は、Preview Imageでの保存となります。
※10bits、12bitsで保存する場合、読み込むアプリケーションが
10bits、12bitsに対応していることを確認して下さい。

■モノクロ

デフォルト設定では「Mono8(8bits)」保存となります。
bit数を変更して保存する場合は、下記手順を参照して下さい。

画像取得を停止した後、
Remote Device → Image Format Controlを展開し、
Pixel Formatにて画像フォーマットを指定して下さい。

画像フォーマットを指定した後、画像取得を開始し、
StViewer上の画像の上で右クリック → Save → Registered Imageを
選択し、画像ファイルの保存形式を選択し、画像を保存して下さい。

Mono10やMono12については表示(Bitmap形式)が対応しているため
StViewerにて10bits,12bitsのビットマップ等への保存が可能です。

■カラー

デフォルト設定では「BGRa8(8bits)」保存となります。

BGRa8(8bits)で保存する場合、画像取得を開始し、
StViewer上の画像の上で右クリック → Save → Preview Imageを
選択し、画像ファイルの保存形式を選択して下さい。

画像フォーマットを10, 12bitsの画像データ(例:BayerRG10, 12)に
変更して保存する場合は、下記手順を参照下さい。

画像取得を停止した後、
Remote Device → Image Format Controlを展開し、
Pixel Formatにて画像フォーマットを指定して下さい。

画像フォーマットを指定した後、画像取得を開始し、
StViewer上の画像の上で右クリック → Save → Registered Imageを
選択し、画像ファイルの保存形式を選択し、画像を保存して下さい。

10, 12bitsの画像データでの保存はRegistered Imageを選択して下さい。
csvデータもしくはstrawデータでの保存のみとなります。
strawデータの変換は、サンプルプログラム(SaveAndLoadImage)を確認して下さい。

このFAQを別のページで表示する

露光時間やゲイン等のカメラパラメータを調整するサンプルプログラムはありますか?
更新日:
タグ:

カメラパラメータ(「露光時間」や「ゲイン」等)を調整するサンプルコードは、
SentechSDKに含まれるサンプルコード「AutoFunction」 および
StViewerで各機能を選択時に、「Node Map」下部に表示されるサンプルコードを参照下さい。


DeviceManager1

このFAQを別のページで表示する

GigE VisionカメラのAction Commandサンプルプログラムはありますか?
更新日:
タグ:

Sentech SDK サンプルプログラム「GigEActionCommand」を参考にして下さい。
(Sentech SDK v1.0.8 は、C++, Cのサンプルのみとなります)

このFAQを別のページで表示する

解像度を下げると画像が暗くなります
更新日:
タグ:

Remote Device → Acquisition Control → Exposure Mode が “Off” の場合、
最大フレームレートを維持する露光時間が自動的に設定されますが、
解像度を下げるとフレームレートが高く(速く) なり、1フレーム当たりの時間が短くなるため 、
露光時間が短くなり暗い画像になります。

明るさを固定にする場合、
Remote Device → Acquisition Control → Exposure Mode を “Timed” (固定)に
設定することで、解像度を下げても明るさは “Exposure Time” の設定時間により固定することができます。

このFAQを別のページで表示する

Sentech SDKサンプルプログラムのある場所が分かりません
更新日:
タグ:

Sentech SDKインストール時にインストール先フォルダを変更しなかった場合、
C:\Program Files\OMRON_SENTECH\SentechSDK\Development
フォルダ内にサンプルプログラム等のファイルがコピーされます。

Developmentフォルダが存在しない場合、Sentech SDKのインストールタイプを
“Complete”に設定し、再度インスト―ルして下さい。

・サンプルプログラム格納フォルダ
C:\Program Files\OMRON_SENTECH\SentechSDK\Development\Sample
* Zip形式の圧縮ファイルとなりますので、書き込み可能フォルダにコピーし展開して使用して下さい。

・マニュアル格納フォルダ
C:\Program Files\OMRON_SENTECH\SentechSDK\Development\Doc

Sentech SDKのインストールはこちらを参考にして下さい。

このFAQを別のページで表示する

StGigEPalyer, eBusPlayerで撮影すると画面にロゴが表示されます
更新日:
タグ:

StGigE Player、eBus Playerは、GigE Vision Mシリーズ カメラをサポートしていません。

GigE Vision Mシリーズ カメラを使用する場合は、Sentech SDK Packageに含まれるStViewer または
GigE Vision対応ソフトウェアを使用して下さい。

このFAQを別のページで表示する

GigE Visionカメラを接続しているNICの通信速度を確認する方法はありますか?
更新日:
タグ:

下記の手順にて確認できます。

(1)コントロールパネルを開く
(2)コントロールパネルの項目から「ネットワークと共有センター」を選択

(3)イーサネットを選択

(4)速度を確認

このFAQを別のページで表示する

GigE Visionカメラを接続するとネットワーク使用率が高くなります
更新日:
タグ:

GigEカメラはフルフレームレート出力時、1秒に約1Gb程度の通信を行い続けるため、
ネットワーク使用率は高くなります。

フレームレートを下げることで、ネットワーク使用率は下がります。

このFAQを別のページで表示する

GigE Visionカメラが異常終了すると接続までに時間がかかります
更新日:
タグ:

GigE Visionカメラが異常終了するとタイムアウト設定期間、カメラの制御ができなくなります。
StViewerを使用して、タイムアウト時間の設定が行えます。

・タイムアウト時間の設定項目

Sシリーズ
Remote Device → Transport Layer Control → GEV Heartbeat Timeout
※単位はミリ秒となります。

Mシリーズ
Remote Device → Device Control → Device Link Heartbeat Timeout
※単位はマイクロ秒となります。

このFAQを別のページで表示する

Sentech SDK を利用する際、どのサンプルプログラムから使えばよいでしょうか?
更新日:
タグ:

画像データの取得を開始するサンプルプログラム
「Grab」や「GrabCallback」を参考にして下さい。

Sentech SDK Packageインストール時にインストール先フォルダを変更しなかった場合、
サンプルプログラムの説明資料は
C:\Program Files\OMRON_SENTECH\SentechSDK\Development\Doc\StApi\StApi_Jpn.chm
としてコピーされます。
(Sentech SDK Packageのインストールは、「Complete」を選択してインストールして下さい。
「Complete」以外でインストールした場合、サンプルプログラム、説明資料等はインストールされません。)

カメラパラメータ(「露光時間」や「ゲイン」等)を調整するサンプルコードは、
StViewerで各機能を選択すると、「Node Map」下部に表示されますのであわせて参照下さい。


DeviceManager1

このFAQを別のページで表示する

1 2 3 7
カメラの選び方
  • ソフトウェアダウンロード
  • すべての質問
pagetop