FAQ

Sentech SDK

露光時間やゲイン等のカメラパラメータを調整するサンプルプログラムはありますか?
更新日:
タグ:

カメラパラメータ(「露光時間」や「ゲイン」等)を調整するサンプルコードは、
SentechSDKに含まれるサンプルコード「AutoFunction」 および
StViewerで各機能を選択時に、「Node Map」下部に表示されるサンプルコードを参照下さい。


DeviceManager1

このFAQを別のページで表示する

Sentech SDKサンプルプログラムのある場所が分かりません
更新日:
タグ:

Sentech SDKインストール時にインストール先フォルダを変更しなかった場合、
C:\Program Files\OMRON_SENTECH\SentechSDK\Development
フォルダ内にサンプルプログラム等のファイルがコピーされます。

Developmentフォルダが存在しない場合、Sentech SDKのインストールタイプを
“Complete”に設定し、再度インスト―ルして下さい。

・サンプルプログラム格納フォルダ
C:\Program Files\OMRON_SENTECH\SentechSDK\Development\Sample
* Zip形式の圧縮ファイルとなりますので、書き込み可能フォルダにコピーし展開して使用して下さい。

・マニュアル格納フォルダ
C:\Program Files\OMRON_SENTECH\SentechSDK\Development\Doc

Sentech SDKのインストールはこちらを参考にして下さい。

このFAQを別のページで表示する

Sentech SDK を利用する際、どのサンプルプログラムから使えばよいでしょうか?
更新日:
タグ:

画像データの取得を開始するサンプルプログラム
「Grab」や「GrabCallback」を参考にして下さい。

Sentech SDK Packageインストール時にインストール先フォルダを変更しなかった場合、
サンプルプログラムの説明資料は
C:\Program Files\OMRON_SENTECH\SentechSDK\Development\Doc\StApi\StApi_Jpn.chm
としてコピーされます。
(Sentech SDK Packageのインストールは、「Complete」を選択してインストールして下さい。
「Complete」以外でインストールした場合、サンプルプログラム、説明資料等はインストールされません。)

カメラパラメータ(「露光時間」や「ゲイン」等)を調整するサンプルコードは、
StViewerで各機能を選択すると、「Node Map」下部に表示されますのであわせて参照下さい。


DeviceManager1

このFAQを別のページで表示する

SentechSDKのdllファイルはどこにありますか?
更新日:
タグ:

SentechSDKのdllファイルは、以下のフォルダにあります。

C:\Program Files\Common Files\OMRON_SENTECH

このFAQを別のページで表示する

Sentech SDKはPython対応していますか?
更新日:
タグ:

対応しています。
Pythonのバージョンを確認の上、ソフトウェアダウンロードページよりダウンロードして下さい。
※Pythonを利用するにはSentech SDKのインストールが必要となります。

このFAQを別のページで表示する

「File StGenTL.cti not valid」エラーが表示されStViewerを起動できません
更新日:
タグ:

使用しているPCに、v3.09以前のStCamSWareがインストールされている可能性があります。
v3.09以前のStCamSWareではStGenTL.ctiファイルのインストール先が、SentechSDKと異なるため、
両方をインストールした場合、古いバージョンのStGenTL.ctiファイルが使用されてしまい、
エラーが表示されます。

このメッセージが表示された場合は、StCamSWareをアンインストールし、
v3.10以降のStCamSWareを再インストールして下さい。

このFAQを別のページで表示する

英語版のOSにSentech SDK Packageをインストールできません
更新日:
タグ:

Sentech SDK Packageのインストーラーが入っているフォルダに日本語文字や全角文字があると
インストーラーが起動しません。

英語のフォルダ名に変更し、再度インストールを行って下さい。

このFAQを別のページで表示する

Sentech SDKのインストール方法を教えて下さい
更新日:
タグ:

ホームページからダウンロードしたZipファイルを展開し、
32ビットWindowsの場合 ⇒ SentechSDK_Win32
64ビットWindowsの場合 ⇒ SentechSDK_x64 をインストールして下さい。
説明図はWindows7 64ビットのものです。

ダウンロードしたインストーラを実行します。

DeviceManager1

「Next」を選択します。

DeviceManager1

License Agreementを確認後、「I accept the terms in the License Agreement」にチェックを入れ、「Next」を選択します。

DeviceManager1

以下の3つのインストールタイプから適切なインストールタイプを選択して
Sentech SDKをインストールして下さい。

DeviceManager1

・Typical
基本機能のインストールになります。
デモ用途、カメラの動作確認で使うアプリケーション(StViewer等)はインストールされますが、SDK関連のファイルはインストールされません。

・Custom
Custom ではインストールする項目を選択できます。
デフォルトでは「StApi development files(SDKファイル)」、「StApi Sample programs(サンプルプログラム)」が選択されていないため、「Typical」と同様にインストールとなります。

DeviceManager1

・Complete
アプリケーション(StViewer等)、SDK関連ファイル全てインストールします。

「Install」を選択します。
※ユーザアカウント制御画面、ドライバのインストール画面が出た場合は「はい」を選択して下さい。

DeviceManager1

インストールが完了しましたので「Finish」を選択して下さい。

DeviceManager1

インストール先フォルダを変更しなかった場合、
C:\Program Files\OMRON_SENTECH\SentechSDK のフォルダ内に
ファイルがコピーされます。
(32bitOSの場合 C:\Program Files (x86)\OMRON_SENTECH\SentechSDK)
「Complete」を選択した場合、Applicationフォルダ、Developmentフォルダが作成されます。

DeviceManager1

※ 「Typical」を選択した場合、Developmentフォルダは作成されず、SDK関連ファイルはインストールされません。
「Custom」を選択して「StApi development files(開発ファイル)」、
「StApi Sample programs(サンプルプログラム)」の両方をインストールしなかった場合、
Developmentフォルダは作成されず、SDK関連ファイルはインストールされませんが、
どちらかをインストールした場合、Developmentフォルダは作成され、SDK関連ファイルがインストールされます。

このFAQを別のページで表示する

CoaXPressカメラを使用する場合、画像取得のソフトウェアはどのようなものがありますか?
更新日:
タグ:

CoaXPressボードメーカーから提供されるAPIがあります。
また、弊社ではSentechSDK Package を提供しています。

CoaxカメラをSentechSDKにて制御を行う場合、Euresys社のボードを使用して下さい。
他メーカーのCoaxボードはSentechSDKに対応していないため、
ボードメーカーが提供しているAPIを使用して頂く形になります。

SentechSDK Packageにはビューワーソフト (StViewer) が含まれます。

ソフトウェアは、ソフトウェアダウンロードよりダウンロードして下さい。

このFAQを別のページで表示する

カメラの選び方
  • ソフトウェアダウンロード
  • すべての質問
pagetop