FAQ

CLCtrl2

CLCtrl2ソフトウェアの仮想COMポートを64bit環境で使用すると「指定されたファイルが見つかりません。(No. 0x00000002)」というエラーメッセージが表示されてしまいます。
更新日:
タグ:

64bit環境で仮想COMポートを使用する場合、
Camera Linkボードによっては管理者権限が必要になる場合があります。

このエラーメッセージが表示された場合、
CLCtrl2を管理者権限で実行して下さい。

このFAQを別のページで表示する

Camera Linkカメラの設定方法を教えて下さい
更新日:
タグ:

Camera Linkカメラを設定する場合、設定ソフト「CLCtrl2」ご使用下さい。
CLCtrl2の通信コマンドはバイナリ形式です。
また、製品仕様書に記載のプロトコル仕様に従って通信を行い、カメラ設定を行うこともできます。

CLCtrl2が送受信しているコマンドを確認したい場合、
デバッグツール、通信モニタリングソフト等をご使用下さい。

このFAQを別のページで表示する

CLCtrl2のトリガ入力選択項目にて、”CC1”、”SP2”とありますが、どちらを選択すればよいですか?
更新日:
タグ:

トリガ入力方法により選択して下さい。

CC1:カメラリンクケーブルからのトリガ入力を行う場合
SP2:カメラ背面にある6ピンからのトリガ入力を行う場合

このFAQを別のページで表示する

Camera Linkカメラの設定を工場出荷設定 (初期設定) に戻す方法を教えて下さい
更新日:
タグ:

CLCtrl2を使用して、工場出荷設定 (初期設定) に戻すことができます。

下記の手順で、工場出荷設定 (初期設定) に戻すことができます。

1. CLCtrl2 を起動し「全読込」を選択して下さい。
2.「全読込」完了後、「Factory -> EEPROM」を選択して下さい。
3. 「EEPROM -> Register」を選択して下さい。
  * 「EEPROM -> Register」を選択しない場合、再起動時に工場出荷設定 (初期設定) で起動します。

このFAQを別のページで表示する

通信ソフト CLCtrl2 のポート設定で使用中のボードに対応したカメラリンクAPIが表示されません
更新日:
タグ:

ポート設定画面で表示されるDLL(カメラリンクAPI)は、CLCtrl2が検出した「clserxxx.dll」ファイルのみです。
ボードメーカーのソフトウェアを正常にインストールしてもDLLが検出されないことがあります。

ポート設定画面でボードが検出されない場合は、CLCtrl2.exeが存在するフォルダへ「clserxxx.dll」をコピーし、
再度、ポート設定画面を開いて下さい。

CLCtrl2.exeの存在するフォルダは、CLCtrl2のショートカットを右クリックをして
プロパティーで表示される画面から確認が出来ます。

CLCtrl2_Property

CLCtrl2のインストール先を変更しなかった場合、CLCtrl2.exeの存在するフォルダは
C:\Program Files\Sentech\CLCtrl2 になります。

DLLファイルをコピーする際に、以下に注意して下さい。

  • ボードメーカーのドライバをバージョンアップした場合は、DLLも新しいバージョンのものへ
    置き換えて下さい。
  • CLCtrl2(x86)には32ビット(x86)用のDLLを、CLCtrl2(x64)には64ビット(x64)用のDLLを
    使用して下さい。

 
次の表はボードメーカー各社のDLL(カメラリンクAPI)のファイル名です。詳細は各ボードメーカーに確認下さい。

ボードメーカー DLL(カメラリンクAPI)ファイル名
Euresys clseremc.dll
Matrox clsermtx.dll
BitFlow clserbit.dll
Coreco clsercii.dll
Cam2Net clserc2n.dll
National Instruments clsernat.dll

このFAQを別のページで表示する

Camera LinkカメラをCamera Linkボードに接続していますが、CLCtrl2ソフトで通信が行えません
更新日:
タグ:

カメラとの通信は、Camera Linkカメラ、Camera Linkボード共にBaseコネクタを使用して行います。
カメラがCamera LinkボードのBaseコネクタと接続されていることを確認して下さい。
(Camera Linkコネクタ2個搭載カメラの場合は、コネクタ1またはBaseコネクタとCamera Linkボードの
Baseコネクタが接続されていることを確認して下さい)

カメラがCamera LinkボードのBaseコネクタに接続されていて通信できない場合は、
CLCtrl2ソフトの通信ポートが正しく行われていない、カメラに電源は供給されていない可能性があります。
Camera Linkボードが提供している通信方式 (DLL, 仮想COMポート)を確認し、適切に設定して下さい。
カメラに電源が正しく供給されていることを確認して下さい。

このFAQを別のページで表示する

Camera Linkカメラを使用する場合、画像取得のソフトウェアはどのようなものがありますか?
更新日:
タグ:

Camera Linkボードメーカーから提供されるソフトウェア、Visionソフトウェアを使用するため、
画像取得ソフトウェアは弊社からは提供していません。
Camera Linkカメラの設定変更(露光時間、動作モード等)用ソフトウェア(CLCtrl2)を弊社から提供しています。

動作実績のあるCamera Linkボード、画像取得ソフトウェアは以下の通りです。

Camera Linkボードメーカー 代表Camera Linkボード名 画像取得ソフトウェア
Euresys GrabLink MultiCam Studio
Matrox Solios MIL
Deledyne Dalsa X64-CL, Xcelera-CL Sapera
NI NI1483 LabView
Cognex MVS-8600e Vision Pro
アバールデータ APX3323 SDK-AcapLib2

このFAQを別のページで表示する

カメラの選び方
  • ソフトウェアダウンロード
  • すべての質問
pagetop