FAQ

Other

デバイスマネージャーの開き方を教えてください
更新日:
タグ:

下記の手順でデバイスマネージャーを開けます。

Windows 7 の場合

1.Windows のスタートをクリックします。

2.コンピューターを右クリックします。

3.プロパティー(R)をクリックします。


DeviceManager1

4.表示されるシステムのウィンドウで、デバイスマネージャーをクリックします。


DeviceManager1

5.デバイスマネージャーが開きます。


DeviceManager1

Windows 10 の場合

1.Windowsボタンをクリックします。

2.PCと検索します

3.PCを右クリックします。

4.プロパティーをクリックします。


DeviceManager1

5.表示されるシステムのウィンドウで、デバイスマネージャーをクリックします。


DeviceManager1

6.デバイスマネージャーが開きます。


DeviceManager1

このFAQを別のページで表示する

CマウントとCSマウントの違いは何ですか?
更新日:
タグ:

CマウントとCSマウントはフランジバック (カメラとレンズのマウント面 (接触面)) から、
撮像素子面までの距離)が異なります。

Cマウント規格
内径: 25.4 mm
ネジピッチ: 0.794 mm
フランジバック: 17.526 mm

CSマウント規格
内径: 25.4 mm
ネジピッチ: 0.794 mm
フランジバック: 12.5 mm

CマウントレンズをCSマウントのカメラに取り付けて使用するには、5mmの変換リングを取り付ける必要が
あります。
CSマウントレンズをCマウントのカメラに取り付けた場合、焦点が合わない為、使用することができません。

レンズ選定時は、カメラのレンズマウントを確認の上、選定して下さい。

このFAQを別のページで表示する

eBUSPlayerでのカメラへの設定保存を教えて下さい
更新日:
タグ:

UserSet機能を使用して設定をカメラに保存できます。
以下の手順で保存できます。
 
1. 画像取得停止状態で、DeviceControl → UserSetControl → UserSetSelectorにてUserSet1を選択して下さい。
2. DeviceControl → UserSetControl → UserSetSave の”UserSetSave”ボタンが有効になりますので、
    ”UserSetSave”ボタンを選択すると現在の設定がUserSet1に保存されます。
 
DeviceControl → UserSetControl → UserSetDefaultSelectorを”UserSet1″に設定すると、
保存した設定でカメラが起動します。

このFAQを別のページで表示する

eBUSPlayerで固定IPアドレスを設定する方法を教えてください
更新日:
タグ:

eBusPlayer上でのPersistentIPアドレス設定が固定IPアドレス設定となります。
以下の手順で固定IPアドレスを設定できます。

1. DeviceControl → TransportLayerControl → GevCurrentIPConfigurationPersistentIPを “True” に設定し、
    固定IPアドレス設定を有効に設定。(初期設定では固定IPアドレス設定は無効です)
2. DeviceControl → TransportLayerControlカテゴリのGevPersistentIPAddress (固定IPアドレス) を設定。
3. DeviceControl → TransportLayerControlカテゴリのGevPersistentSubnetMask (固定サブネットマスク) を設定。

このFAQを別のページで表示する

1 2
カメラの選び方
  • ソフトウェアダウンロード
  • すべての質問
pagetop