FAQ

GigE Vision(Mシリーズ)

GigE Visionカメラを使用する場合、画像取得のソフトウェアはどのようなものがありますか?
更新日:
タグ:

Sentech SDK Packageを弊社より提供しています。
Sentech SDK Packageにはビューワーソフト(StViewer)が含まれます。

既にGigE Visionカメラを使用されている場合、eBUS SDK Package、StGigE-Packageも使用できます。
(GigE Vision Sシリーズのみ)
ソフトウェアは、ソフトウェアダウンロードよりダウンロードして下さい。

GigE Vision対応のVisionソフトウェアの使用も可能です。

このFAQを別のページで表示する

どのようなGigE Visionカメラがありますか?
更新日:
タグ:

VGA~5MのCCD搭載GigEVisionカメラ、
0.4M~20MのCMOS搭載GigEVisionカメラをラインナップしています。

カメラ製品情報は下記を参照下さい。
   製品情報

* GigE Visionカメラにはレンズ・ケーブル・電源アダプタは含まれていません。
   GigE Visionアクセサリページ、ケーブルメーカーまたはレンズメーカーホームページを参照し、選定して下さい。

このFAQを別のページで表示する

複数台のGigE Visionカメラを接続した場合、カメラパフォーマンスに影響はありますか?
更新日:
タグ:

Gigabit Ethernet対応のスイッチング・ハブを使用して複数台のGigE Visionカメラを接続している場合、
フリーラン動作等でGigE Visionカメラからのデータ合計量が1Gbpsを超えるとフレームレート低下、
カメラを認識しない等、影響が出ることがあります。

1台のスイッチングハブに複数のカメラを接続する場合、
フレームレートを下げる等、データ合計量を下げてご使用下さい。

このFAQを別のページで表示する

複数台のGigE Visionカメラを使用する場合、注意することはありますか?
更新日:
タグ:

GigE Visionカメラのパフォーマンスはネットワークボードの性能、設定によって変わります。

ネットワークポート1個でGigE Visionカメラ1台を接続するとGigE Visionカメラを安定して使用できます。
必要に応じて拡張ネットワークボードを増設して下さい。

PCに拡張ネットワークボードの追加や配線上のケーブル本数などに制約がある場合、
Gigabit Ethernet(1000BASE-T)対応のスイッチング・ハブを使用して下さい。

トリガ動作等でGigE Visionカメラからのデータ合計量が1Gbpsを超えない場合、
Gigabit Ethernet(1000BASE-T)対応のスイッチング・ハブを使用して下さい。

Gigabit Ethernet対応のスイッチング・ハブはメーカー・機種により性能が異なりますので、
実使用環境で確認して下さい。

このFAQを別のページで表示する

GigE Visionカメラの電源供給はどの様に行いますか?
更新日:
タグ:

6ピンコネクタからの外部電源供給またはPoE給電(Power over Ethernet)となります。

PoE給電にはPoE給電対応スイッチングハブまたはPoEインジェクタ等、PoE給電機器が必要となります。

このFAQを別のページで表示する

GigE Visionカメラを使用する場合、どのようなケーブルが使用できますか?
更新日:
タグ:

100m以下の1000BASE-T対応CAT5e、CAT6ケーブルを使用して下さい。

このFAQを別のページで表示する

GigE Visionカメラを使用する場合、PC特性・性能で注意する点はありますか?
更新日:
タグ:

GigEVisionカメラのパフォーマンスはネットワークアダプタの設定によって変わります。

9kbyteジャンボパケット対応のネットワークアダプタを使用し、9kByteジャンボパケットを有効にして下さい。

このFAQを別のページで表示する

1 5 6 7
カメラの選び方
  • ソフトウェアダウンロード
  • すべての質問
pagetop