FAQ

すべての質問

STC-CMB4MCL シリーズのHDR(ハイダイナミックレンジ) 機能の使い方を教えてください。

HDR機能はハイダイナミックレンジの略称で、ダイナミックレンジの拡大機能になります。WDR(ワイドダイナミックレンジ)とも言いますが同じ意味です。
弊社の高速高画素CMOSカメラ STC-CMB4MCLシリーズにはHDR機能が搭載されております。

詳しくは下記のPDFをご確認ください。

HDR説明書_Ver.4.0

 

このFAQを別のページで表示する

Cognex VisionPro で露光時間が設定できません。
更新日:
タグ: , , , ,

電子シャッタ露光時間を設定するGenICamコマンド名に VisionPro では “ExposureTimeABS” を推奨しているのに対し、弊社のカメラは “ExposureTimeRaw” を使用しています。電子シャッタ露光時間を設定するGenICamコマンド名に “ExposureTimeRaw”を使用してください。

弊社のGigEカメラのGenICamコマンドは各カメラのマニュアルに記載しております。

 

このFAQを別のページで表示する

関連するFAQ

GigEカメラは Cognex VisionPro で使用できますか?

GigEカメラは Cognex VisionPro で使用できますか?
更新日:
タグ: ,

弊社のドライバーとの共存や、露光時間設定などのGenICamコマンド名に注意がございます。
詳しくは下記のPDFをご覧ください。

 

日本語: TechNote_GigE06_Camera_on_VisionPro_JP_Rev1.0
English: TechNote_GigE06_Camera_on_VisionPro_EN_Rev1.0

 

このFAQを別のページで表示する

関連するFAQ

Cognex VisionPro で露光時間が設定できない。

Icron Technologies社製 USB3.0 エクステンダー 動作確認情報
更新日:
タグ: , ,

100m延長可能な Icron Technologies社製 USB3.0 エクステンダー Spectra3022 とセンサーテクノロジー製USB3.0カメラの接続認証が行なわれました。
是非、ご検討くださいませ。

Icron Technologies社 ニューリリース

USB3.0 エクステンダー Spectra3022

カタログ
http://www.bayt.co.jp/img/extenders/Icron_USBextender_lineup_jpn20130516.pdf
http://www.bayt.co.jp/img/extenders/Icron_USB3.0Spectra3022_jpn20130129.pdf

販売代理店
ベイテクノロジーズ株式会社 http://www.bayt.co.jp/
荒木 信男 araki@bayt.co.jp

 

このFAQを別のページで表示する

コネクト前にカメラのIPアドレスを設定する方法を教えてください。
更新日:
タグ: ,

ウィンドウでカメラのIPアドレスを設定するには PvDeviceFinderWndクラス の ShowModal関数 を使用します。
SDKの関数からカメラのIPアドレスを設定する方法は下記のPDFの “2.2 NIC 情報、カメラの取得 情報” を参照してください。

 

日本語: StGigE-SDK_Sample_JP_Rev2.00-1
English: StGigE-SDK_Sample_EN_Rev2.00-1

 

このFAQを別のページで表示する

通信ソフト CLCtrl、CLCtrl2 の通信はバイナリ形式です。
更新日:
タグ: , , ,

通信ソフト CLCtrl、CLCtrl2 は通信コマンドはバイナリ形式です。
文字列で送るとエラーになりますが、一文字づつ送ると通信ができてしまう場合があり、続けて送ったときのエラーの原因が分からないときがありますのでご注意下さい。

対象製品: 通信ソフト CLCtrl、CLCtrl2

 

このFAQを別のページで表示する

Windows Embeddedには対応していますか?
更新日:
タグ: ,

弊社ではWindows Embedded でのUSBカメラの動作確認をしておりません。 カメラの無償デモ機をご用意しておりますのでユーザー様で動作検証をお願いいたします。

このFAQを別のページで表示する

ユーザーFPGA搭載 GigEカメラのユーザーFPGAのデータを保護できますか?
更新日:
タグ: , , , , ,

ユーザーFPGA搭載 GigEカメラ (Power Plusモデル)に搭載しているFPGA(Xlilinx社: XC3SD1800A)では暗号化には対応していませんが、セキュリティ機能として Device DNAに対応しており、ベンダーはこの機能を推奨しております。

Device DNAは個々のFPGAで異なったシリアル番号であり、読み出し回路をインプリメントすることでそのシリアル番号を読み出せます。

ユーザーはそのシリアル番号を入力または、あらかじめ記憶させたROMなどから読みだすなどしないと内部回路が動作しない仕組みを作成すればセキュリティ機能として動作できると考えております。

Device DNAについては、ベンダーから j_wp266.pdf が配布されていますのでそちらをご参照ください。

また、弊社が提供しているサンプルプロジェクトにも、Device DNA を読み出して画面に表示させる機能を搭載しています。
詳しくは、下記のPDFの4ページを参照ください。

 

日本語: User_FPGA_XILINX_Sample_JP_Rev1.07
English: User_FPGA_XILINX_Sample_EN_Rev1.07

 

対象製品: ユーザーFPGA搭載 GigEカメラ (Power Plusモデル)

 

このFAQを別のページで表示する

デバイスマネージャーの開き方を教えてください。

下記の手順でデバイスマネージャーを開けます。

Windows 7 の場合

1.Windows のスタートをクリックします。

2.コンピューターを右クリックします。

3.プロパティー(R)をクリックします。

DeviceManager1

4.システムのウィンドウが開くので、デバイスマネージャーをクリックします。

DeviceManager2

5.デバイスマネージャーが開きます。

DeviceManager3

 

このFAQを別のページで表示する

ジャンボフレームの設定方法を教えてください。

GigEカメラを使用するにはネットワークアダプターのジャンボパケットを9,000バイト以上に設定する必要があります。この設定が表示されないネットワークアダプターはジャンボパケットに対応していないと考えられます。ジャンボパケットを設定しないとフレームレートが遅くなったり映像が表示されないなどカメラ本来のパフォーマンスが発揮されませんので必ず設定の確認をしてください。

以下の手順で、Junbo Packet / ジャンボパケットの設定が出来ます。(キャプチャ画像は代表例です。)

( Jumbo Frame ・ジャンボフレーム は同じ意味です。)
1.デバイスマネージャーを開きます。 (→ デバイスマネージャーの開き方を教えてください。

2.ネットワークアダプタからGigEカメラを接続するネットワークカードを選択します。

3.右クリック -> プロパティ を選択します。

JumboPacked1

4.「詳細設定」タブにある設定(S)の「ジャンボパケット」を選択します。

5.「値(V)」を9,000バイト以上に設定します。

JumboPacked2

6. 「OK」をクリックし、デバイスマネージャーを終了します。

 

このFAQを別のページで表示する

1 17 18 19 20 21 22
カメラの選び方
  • ソフトウェアダウンロード
  • すべての質問
pagetop