FAQ

すべての質問

画素欠陥補正機能とはどのような機能でしょうか?
更新日:
タグ:

画素欠陥補正はセンサーの欠陥画素を画素補完する機能です。

補正は下記のようなイメージになります。

補正前:白い欠陥画素がある → DeviceManager1
補正後:画素欠陥補正機能にて隣接した画素データをもとに補正 → DeviceManager1

このFAQを別のページで表示する

GigE VisionカメラのAction Commandサンプルプログラムはありますか?
更新日:
タグ:

Sentech SDK サンプルプログラム「GigEActionCommand」を参考にして下さい。
(Sentech SDK v1.0.8 は、C++, Cのサンプルのみとなります)

このFAQを別のページで表示する

解像度を下げると画像が暗くなります
更新日:
タグ:

Remote Device → Acquisition Control → Exposure Mode が “Off” の場合、
最大フレームレートを維持する露光時間が自動的に設定されますが、
解像度を下げるとフレームレートが高く(速く) なり、1フレーム当たりの時間が短くなるため 、
露光時間が短くなり暗い画像になります。

明るさを固定にする場合、
Remote Device → Acquisition Control → Exposure Mode を “Timed” (固定)に
設定することで、解像度を下げても明るさは “Exposure Time” の設定時間により固定することができます。

このFAQを別のページで表示する

Sentech SDKサンプルプログラムのある場所が分かりません
更新日:
タグ:

Sentech SDKインストール時にインストール先フォルダを変更しなかった場合、
C:\Program Files\OMRON_SENTECH\SentechSDK\Development
フォルダ内にサンプルプログラム等のファイルがコピーされます。

Developmentフォルダが存在しない場合、Sentech SDKのインストールタイプを
“Complete”に設定し、再度インスト―ルして下さい。

・サンプルプログラム格納フォルダ
C:\Program Files\OMRON_SENTECH\SentechSDK\Development\Sample
* Zip形式の圧縮ファイルとなりますので、書き込み可能フォルダにコピーし展開して使用して下さい。

・マニュアル格納フォルダ
C:\Program Files\OMRON_SENTECH\SentechSDK\Development\Doc

Sentech SDKのインストールはこちらを参考にして下さい。

このFAQを別のページで表示する

StGigEPalyer, eBusPlayerで撮影すると画面にロゴが表示されます
更新日:
タグ:

StGigE Player、eBus Playerは、GigE Vision Mシリーズ カメラをサポートしていません。

GigE Vision Mシリーズ カメラを使用する場合は、Sentech SDK Packageに含まれるStViewer または
GigE Vision対応ソフトウェアを使用して下さい。

このFAQを別のページで表示する

GigE Visionカメラを接続しているNICの通信速度を確認する方法はありますか?
更新日:
タグ:

下記の手順にて確認できます。

(1)コントロールパネルを開く
(2)コントロールパネルの項目から「ネットワークと共有センター」を選択

(3)イーサネットを選択

(4)速度を確認

このFAQを別のページで表示する

Linux環境にてSシリーズのGigE Visionカメラが見つからず接続できません
更新日:
タグ:

Linuxのセキュリティにより、GigE Visionカメラの接続を遮断している可能性があります。
Linux用SDKをインストールした後、/opt/sentech/bin/setnetwork.sh *NIC名* を実行して、
以下の選択肢に「0」を入力して下さい。
※カメラ起動ごとに必要な設定となります。

In case that a GigE Camera is in different network and could not be detected, please try to alternate the setting:
(The setting will be applied to the configurations above)
0: no source validation
1: RFC3704 strict reverse path
2: RFC3704 loose reverse path (recommended)
3: Keep current setting (no changes)
Default [3] : 0

このFAQを別のページで表示する

GigE Visionカメラを接続するとネットワーク使用率が高くなります
更新日:
タグ:

GigEカメラはフルフレームレート出力時、1秒に約1Gb程度の通信を行い続けるため、
ネットワーク使用率は高くなります。

フレームレートを下げることで、ネットワーク使用率は下がります。

このFAQを別のページで表示する

GigE Visionカメラが異常終了すると接続までに時間がかかります
更新日:
タグ:

GigE Visionカメラが異常終了するとタイムアウト設定期間、カメラの制御ができなくなります。
StViewerを使用して、タイムアウト時間の設定が行えます。

・タイムアウト時間の設定項目

Sシリーズ
Remote Device → Transport Layer Control → GEV Heartbeat Timeout
※単位はミリ秒となります。

Mシリーズ
Remote Device → Device Control → Device Link Heartbeat Timeout
※単位はマイクロ秒となります。

このFAQを別のページで表示する

カメラの解像度に合わせてボード側の解像度を変更したのですが、エラーが出て解像度を変更できません
更新日:
タグ:

ボードメーカー及びボードの種類によって設定できる解像度に制限がある場合があります。


3TAPの場合、水平サイズ(Xサイズ)を48の倍数に指定する
10TAPの場合、水平サイズ(Xサイズ)を80の倍数に設定する

選択TAP数による解像度の制約については、
ボードメーカーにお問い合わせ下さい。

このFAQを別のページで表示する

1 2 3 4 25
カメラの選び方
  • ソフトウェアダウンロード
  • すべての質問
pagetop